silver lining cafe

市島おりせ の日記

#BohemianRhapsody こういう遊び感覚好きです♫

ちょっとお遊び♫

 

Twitterで#BohemianRhapsody とすると フレディのアイコンが表示されます^ - ^

結構かわいい。

 

f:id:skyblue555:20181117210613j:image

 

タイトルにもなった曲ボヘミアンラプソディー

 

 ビルボードでは3度目のチャートインというニュースもあり。

 

これを機に 彼らの名曲が多くの人に聴かれるといいな

と思ってます^ ^

 

 

 

 

 

 

 

 

共鳴 ボヘミアンラプソディー

昨夜 レイトショー IMAXバージョンで「ボヘミアンラプソディー」観てきました。

 

そしたら今朝 フォローしている先のツイートやブログで この映画の話題をアップしている人が多々!

  シンクロしてますね^ ^

 

映画は 、あえてIMAXを選んで観ただけあり 臨場感たっぷり。

ライブを見ているかのようでした。

 

盛り上がって隣の人たちが歌い出した♫

なんていうツイートも。

わかる気がするw

 

みんな楽しんでいる。

 

クイーンのことを知らなくとも彼らの曲の素晴らしさもわかるし、映画自体も楽しめる

そういう作りになっています^o^

 

それに 映画の クライマックスは あの ライブエイド!

 

実際リアルタイムで クイーンのライブシーン

テレビで観ていたので

 バックステージのエピソード部分を含め 観ていて 今でも 大興奮!w

 

それに加えて ライブエイドの興奮と対照的なのですが

私が印象に残ったもうひとつは

 

フレディーがソロになった後 「クイーンに戻りたい」と 他の3人のメンバーに懇願するシーン。

 

〜   ソロのため雇ったミュージシャンは 何をするにしても  なんでもOKと言ってくれる。

 

でもクイーンのメンバーのように

意見が違って言い合いになったり   喧嘩したり

不機嫌な顔をしたり

曲のリライトをしたり    アイディアを提案したり

いろんな音の実験をしたりすることはなかった。〜

 

クイーン=フレディと思う人も多いかもしれないけれど

クイーンは、他のメンバー もフレディと同等なのです。

一人一人が音楽にこだわりがあり   才能があり

それぞれの個性が共鳴しあって素晴らしい作品が出来上がってるのです。

 

ボヘミアンラプソディーのレコーディングシーンは 彼らが「共鳴」しあう姿がよく表現されています。

 

フレディーがバンドに戻ってから

それが最後のライブエイドのシーンで炸裂する!

 

まさに「バンド」なのです^ - ^

 

クイーン聴いたことがない人でもおススメです♫

 

 

☆クイーン   リアルで聴いていた世代  初めて聞く世代

他  インテリ中国人留学生集団(近所に某有名国立大学ありなので様子でわかる)

と観客も バラエティーに富んでいました。

 

クイーン 今でも愛されていますね♫

 

歴史観

日本では  ほぼ報道されてませんが 11月11日は第一次大戦停戦記念日

英国だとrememberance day。

 

今年は1918年から100年ということで大々的に式典が行われたようです。

 

イギリスでは女王様始め王室全員参加の式典。

f:id:skyblue555:20181111214200p:image

 

フランスでは 独仏首脳が集い、式典が行われていました。

 

f:id:skyblue555:20181111214334p:image

今まではそんなに気にしたことのないニュースだったのですが

今回 100年ということでBBCなどで大きく報道しているので注目せざるを得ない感じに。

 

当時兵士であった若者の実話などが伝えられたり

イギリスだと町中が赤いポピーに 彩られたり。(ポピーがこの記念日の象徴)

 

勝手な憶測なのですが  ヨーロッパ人にとって おそらく11月11日は 日本人にとっての8月15日と同じ感覚なのかもしれません。

 

「あの悲劇をくりかえさないように」

という思いが伝わるニュースや写真が多々上がってきてます。

 

そして 当時のようなナショナリズム(国粋主義的な)動きが出てきていることへの懸念を マクロン大統領は 述べてました。

 

 

「歴史は繰り返す 」とも言いますが そうならないことを願います。

 

実は この11月11日について

 

先月、フランス時事テストという お遊びのテストが語学学校でありました。そのなかの歴史項目で、この11月11日 問題に出てたのです。

 

日本人にはあまりなじみがないこの記念日。

当時 大戦に加わった欧州の国では重要な日にされていること

その国の国民なら みんな知ってる日であること

 

歴史的なことも含めていろいろ教えられたので

 

伝えられてくるニュースの意味が以前より理解できている気がしてます。

 

日本で教えられる歴史には偏りがあり

欧州でも 米でも 近隣アジアの国でも歴史を教えられる時偏りはみんなあります。

 

だから、欧州 米国 アジア それぞれ異なる歴史観がある。

でも 「過去の過ちを繰り返さない」という想いはみんな同じ。

 

ただ  お互い「知らない」ことがまだまだ多いのではないのかな?

と今回思いました。

 

私も赤いポピーのこと  11月11日がこんなに欧州人に重みがあることなど つい最近まで知らなかったですから。

 

ここ数日のニュースで防弾少年団の原爆Tシャツ問題もありました。

 

彼らも「知らない 」故のことだったのでは?

 

歴史を学ぶことの意味は 「過去を糾弾する」ためではなく

「過去から学び 次に生かす」ため。

「知る」ため。

 

私自身  今回を機に 歴史の学び直しをしたいと思いました^ ^

 

 

 

 

 

 

子供の気持ちで

私のフランス語は 今のところおそらく 3歳児レベルw。

 

ということで リサとガスパール本 語学学校から借りて読んでいるところです。

 

ガスパールとリサが日本に行く🇯🇵日本編。

おもしろい^ ^

f:id:skyblue555:20181110213134j:image

 

ちなみにお箸は バケット。パンのバケットと同じです。パンだけでなく細長いもののことをバケットと言うと教わりました。

 

 

これは有名なw日本のトイレあるある。f:id:skyblue555:20181110213439j:image

 

 

子供のように言葉を覚えるのは楽しいものです♫

 

なんだかホームステイで勉強とか したくなってきました。

 

夏に旅した時も

立派なホテルも良いけれど家族経営のホテルがすごく良かったのです。

 

 何十年もそこで働いている従業員がシトロエンで迎えに来てくれたり

大学から夏休みで戻って来ている息子さんが ホテルのお手伝いをしていたり

 

家族のようなおもてなしをしていただきました^ ^

 

フランス語を勉強している人を、オーナーが宿泊者の条件にリクエストしているホテルもあるらしいです。

(そういうところはビジネスのため じゃなく 自分の楽しみのためやっている 余裕のある方が多いのでオーナー 宿泊者ともに良い経験になるそう)

 

いろいろ調べてみるとともに 勉強もせねば です。

 

それと今 

昔、学生時代 初めて訪れたパリを訪れたときを思い出してます。

 

上を見るとキレイな建物がヽ(^o^)

下を見るとmerde! ∑(゚Д゚) (犬の落し物 人の時もある らしいです、、、。)

 

マレなどのファッションエリアも 豪華エリアも下町も学生街も  猫のオシッコのような臭い漂う地下鉄も

ジプシーやスリも含め いろいろ見たせいか

 

日本のマスコミが伝えるキラキラ パリと

リアルなパリのギャップを知り

 

また その前から

 高校時代フランス住みだったという友人から

生活の場としてのフランス事情を聞いていたこともあり

もともと 憧れというものがなかったのに

実際行ったら さらになくなったw(もちろん素晴らしい文化や歴史には敬意を払うところは大いにあります)

 

ここでの「憧れがない」

というのはもちろんいい意味でなのです。

 

観光客仕様のキラキラなフランスより

実は人情味あふれるディープでリアルなwフランス人とフランスが知りたいと   その時思った記憶があるのです。

(道に迷った時 フランスの地元大学生たちに助けてもらったり 

下町のおじさんも いい意味でディープだったり

といった経験からそう思いましたよ)

 

実際 話すとフランス人といっても土地によって違うし 個性もいろいろ。

 

せっかく言葉も 学ぶなら そうした  真の「味のあるおもしろさ」も 知りたいと思います。

 

それと語学でもなんでもいいので

子供のように 学んで吸収する

大人もそんな時間がもてると豊かかもしれませんね♫

 

 

 

アメリカの底力

インスタに次々vote!(選挙に行こう!)という呼びかけが続く。特にストーリーではガンガンあがってきてました。

 

有名人も続々アップしてます。

 

こういったTシャツ着てる人多い。

ジュリア ロバーツも。

f:id:skyblue555:20181107143456p:image

 

うらやましいですね。

 

誰もが 臆せず発言し、関心を持てる国は強いと思います^ ^

 

足ひねってしまい病院で待ってるあいだ英語の勉強兼ねて BBCの選挙速報観てますw(BBCなのは 当該国じゃない冷静な視点も大事かな という点から)

下院は民主党が獲得しましたね。

 

日本もこういったアメリカの空気、入ってくるといいな と思ってます。

 

☆今回政治システムの勉強にもなります。

こういう記事現地からあげてくださる方感謝^ ^

(フォローしている方のコメントです。)

f:id:skyblue555:20181107145302p:image

 

 

 

商業主義のなかの「アート 」 アンディ・ウォーホール

ウォーホール の言葉。

f:id:skyblue555:20181103201935j:image

この言葉 表面だけとることもできますが

本当は奥が深いです。

 

 

職に貴賎なし。すべてにジャッジなし。

誰かを裁く権利は誰にもない。

 

おそらく裁くのは自分だけ。

 

自分が自分をいちばん知っている。

本来の自分を歪めて 虚飾や詐欺に近いもの とわかっていてもやり続けているのか

本当に純粋な思いをもとに生業としているのか

自分がいちばん知っている。

 

(「自分を歪める 」という表現

ある分野で、かなり成功し、有名になっていた方が 後に 使っていた言葉です。

 

「自分自身が商品」のビジネス方法のため、私生活でさえ商品の一部として切り売りしていると

 

本来の自分を歪めて 「売る」ことが

お金を稼いだり ビジネスで成功を収めるには時に必要がある と言う意味でした。

 

この言葉を使っていた方  自分を歪めるのは もうやめて  新たな生活を始められているようです。

やめた後で「歪める」ことに言及していました。)

 

 

表面ではわからなくても

奥の奥にいる本当の自分は知っている。

そして その歪みは当人を じわじわと蝕んでいく。

 

そこを他者が責めたり、表で言う必要はないのです。

大元にいる自分はわかってるはずだから。

 

そこから どうするかも 当人の自由なのです。

ジャッジしたりコントロールする権利は誰にもない。

 

 

批判する人たちは それを知っているとムダな時間を割く必要はないとわかるはず。

 

批判も 本当にする権利があるのか?

それも かなりあやふやなものです。

 

そんなことより自分を生きたほうがいい。

関係ない他者にムダな時間を費やすより自分にこそ使ったほうがいい。

 

 

身近なところでも

そんなサインが多々あり(お金にまつわることだけでなく)。

 

書いてることと逆説的ですが^^;

自分のこと以外だとよく見えるものです。

 

自分のことこそ しっかり見えるようにしたいものです^ ^

 

 

Making Money とGetting Meney の違いとは?

も考えるとおもしろいかも。

f:id:skyblue555:20181103203623j:image

 

 

 

 

 

 

みんなそれぞれ を本当に認めるって?

お金に関することってデリケートな部分で、私もあまり人に話しませんが

 

法に触れたり倫理に反する(例えば人の命に関わることなど)しなければ

稼ぎ方に貴賎はないと 最近思います。

 

なので誰かや何かを批判する気は毛頭ない。

なにかがぽろっと剥がれ落ちた感じなのです。

 

 

強欲だとか 奪うとか どうとか他者を批判する気もない。

 

強欲だとか奪うとか という言葉を使って批判をする人は未だに多いですね。

特に日本は。

でも  それを言ったら、資本主義自体の否定だったり

金融系の人たちすべての批判にも繋がりかねない。

 

例に出した 金融系ってもともと そういう批判の嵐の中生まれてきたビジネスです。

 

金融系の人は豊かじゃない?

幸せではない?

 

論理的に考えると変ですよね。

 

豊かに幸せに人生を楽しんでらっしゃる方いっぱいいる。

 

金融系に就職した理由は?と質問され

外資金融が一番お金を稼げる仕事と思ったからです!^ ^」

と先日書いた

楽しく豊かに人生を楽しんでいる金融女性もはっきり返事されてました。

 

 

日本で言われている「良いとされること」に当てはまらない事例が多すぎて

これは良くて これはダメというなら

もっと論理的に わかるように説明して欲しいと思ってます。

知りたいな と本当に思うんですよ。

 

そして 「私はジャッジや批判はしない」 と言いつつ 違うことについては批判をするジャッジはする という人たち、私にとっては謎です。

 

どんな人も 豊かに幸せになりたい

それだけじゃないのでしょうか?

 

この稼ぎ方は強欲

この発想でなら良い

人のためにじゃないとお金を稼いじゃいけない

自分より他者に与えよう

 

とか。

 

でも日本人以外の情報が入ると

これほんと?

と思うことがしばしばなんです。

日本で言われてる 「良きこと」をしないと幸せで豊かでないのか

といったらどうやら違ってる。

 

逆に自分自分 と自分中心でないと生きていけない国さえある。

優しい 穏やかな他者のために生きる日本人的やり方が通用しない国や地域も多い。

 

じゃあそこの人たちが豊かで幸せでないか といったらそうでもない。

 

私は価値観が混乱した時期がありました。

 

そして今思うのは

 

「ジャッジはしない」ってことだけ。

 

それは みんなそれぞれ というのを真から認めることと同じ。

すべてオッケーなんです。

 

シンプルにいきましょう♫

 

 

☆ちなみに私 お金に困ってるわけではございません^ - ^

借金もなしw(金融知識ある人たちは 意図的にローンを組んで節税対策をし、資産を殖やすようですが 私はそこまでできない、、)

ただ お金のあり方にオールオッケーという変化があっただけ。

 

批判やジャッジはどこか に 引っ掛かりがある時。

それが取れたってだけ。(以前はこんなことで稼ぐなんて、、、と思っていたことや人への偏見や嫌悪感はゼロです。

ZOZO前澤社長を批判する人とか私には謎になってます。少なくとも彼は社員を搾取するような経営者ではないですし。)

 

お金を使って好きに楽しむもよし

殖やして楽しむもよし

稼いでもよし。

 

みんなそれぞれです^ ^

 

最後にちらっと。

 

日本人でマジメに働いてない人

相手を思って働いていない人ってほぼいないと思いますよ。

日本以外の国々の基準で見ると。

 

日本基準で 強欲に見えても 他では「ふつう。どこが悪いの?なぜ批判される必要あるの?」と批判するほうが宇宙人に見えてたりも。

 

基準をどこにするかで見え方は違うっていうことも留めておいたほうがいいですね。