読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silver lining cafe

市島おりせ の日記

助けあうマンチェスター

日本も対岸の火事じゃない事件。
小さい子や 若者がなくなってる。

ただ
マンチェスター のホームレスたちが
犠牲者たちを救ったり
現場で みとってあげていた
というニュースを知った。

思わず体が動いて助けた
というのと
いつも会場に来る人たちから
お金をもらっていたから
恩返しがしたかった
と彼らは言っていた。

悲しい事件だけれど
みんなで助けあっている
マンチェスターの気概とうか
優しく強い気質も感じたニュース。

いい話
で終わらせるのじゃなく
そういうとっさの時
自分は何ができるのかな?
とも考えたニュースだった。









ピエール・ゼロ・ブラン・ド・ブラン

めっきり飲まなくなったけど
アルコールでいちばん好きなのはシャンパン。

基本お酒は強いし
利き酒もできる。
嗅覚 味覚 以外と敏感なのだ。

(余談だけれど
だから 香りの類 つけるのも 部屋に置くのも実は苦手。

いっとき嗅ぐのや
「生きてる」草花の香りや 果物などの食べ物など
生の匂いを嗅ぐのはOKなのだが
他は 自然のものであっても
何度試しても 長時間 香りが漂うのは ムリな体質。
 その代わりなんだろうね。
利き酒も コーヒーのカッピングもできる。ちょっと自慢w)

最近は体動かすようになったので
アルコール、本格的に中断。
飲むと動けないから。

それで
代用品を探していたとき見つけたのが
ノンアルコールのこのシャンパンもどき 

とはいえ品質はすこぶる良い。


f:id:skyblue555:20170523210510j:image

ピエール・ゼロ・ブラン・ド・ブラン。

たぶん
お酒好きな人も飲んだら驚くと思う。

で、今日はジムに行かない日だったので
興味本位で
久しぶりにプチボトル モエ のシャンパンと
これ
味比較してみた。

もちろんピエールのほうが
ちょっと甘く感じるけれど
やはり美味しくひけはとらない。

もう
別にシャンパン飲まなくていいかも
と思うぐらい。

酔わないから
動けるしw。

酔ってリラックス、
より
体動かすほうが気持ちいい感じなので
しばらく少なくとも自宅での
シャンパンは やめときます^ ^

早寝早起きもなんとか習慣化したいし。
アルコール実は睡眠阻害するしね。

今日こそ
まずは早寝!





モアナ 2 記憶

(映画の感想は前記事で)
モアナを見てなぜか

やりたいことリスト(かなり前書いたもの)
に 「サーフィン」て書いたなあと思い出した。

もう20年以上も前か(遠い目)。
学生時代  まだマイナーだったバリ島に7、8人で行った時
ローカル色強いバンガローに泊まったのだけど
そこがクタ。

クタ、プライベートビーチとか優雅なところじゃなく(今はかなり観光地化して、ホテルばかりになり、ローカルなバンガローとかなくなってると聞く。
今聞くバリと違って、人も街もおっとりした当時のしたバリを体験できたのは
良い思い出。)

その当時からオージーの間で有名なサーフスポット。バンガローにもたくさんオージーサーファーが来ていた。
波がいいから長期滞在者のサーファーが多い。

私たちはチャプチャプ泳ぐだけだったけれどサーファー見ていて
サーフィンやってる人たち気持ち良さそう
と思った記憶がよみがえった。

ワイ島ではサーファー見なかったからかな。
モアナ なのに
クタが記憶に出てきたw

なんでだかやってみたいことは
理由を考えず
やってみようかなと ぼーっと思ってたら
浮かんだサーフィン。

今年 もしくは来年中には
一度やってみよう。
年齢は関係なくねw

それと同時にドルフィンスウィム リベンジもしたい
という気持ちも出てきた。

前回は体力落ちてて思うように泳げなかったから、、、。
今体鍛えてる理由は
その時の自分の体力のなさに驚いたからなんだけど
再チャレンジ
サーフィンついでに2つ一緒にやってみたい。

何かが刺激されたのかモアナを観たら
少しばかり忘れていた記憶がよみがえった。












モアナ

モアナ  今日観てきた。
つい先日もブログで話題にあがっていたし、その前からも
ずっと観たかったのだけれど

遅くなったのは
字幕あり、オリジナルがみたくて
上映館を探しているうち
ラスト上映に、、。

今日までだったので
急いで観にいってみた。

感想

明るく 心がおどるバージョンの「もののけ姫という印象。


ネタバレになるので詳しくは書かないけど、主役の二人  もののけ姫と男女逆にみるとわかりやすい。生い立ちや背景とか。

心の動きや  冒険については モアナのほうが 明るくて好きかな。
神さまは  まさにそのまま。

内容的にも絵柄的にも
とてもよかった^ ^。
すべりこみで観に行ってよかった。

感動して何回か泣けるところもあり
海の美しさにも
心奪われ
なんとも言えない郷愁に近いものも感じた映画だった。

海の青さが
サンゴ礁を超えてから
エメラルドグリーンから
真っ青に変わるあの感じ
また体験したいな〜と思って
そして泳ぎたくなったw

夏DVD出るようなので
そちらでオリジナルでまた観てみようと思う。

☆補足
みちよさんブログで
モアナと同時上映の
インナーワーキングが良い!
とあったので
そこも注目して観てきた。

後からだと思ったら
モアナ本編の前のショートムービー。
本編始まる前なのに、、、。
なんだか泣けた。

これも良い内容。

DVD、このショートムービーも入っているのかな?これももう一度観たいな。


音楽と気分

今回  軽い軽い内容。

ワークアウトするとき最近
この曲がなぜか脳内に流れる。

オースティン・マホーン(で発音いいのかな?)のDirty Work。

https://youtu.be/T90txXA4JUQ

ブルゾンちえみ の洗脳のせいかも。
(あのバックに流れる曲といえばわかる?)
ブルゾンちえみ  大好き🎶
不思議と元気になるから。
あれぐらい自信を持って楽しく生きなきゃ  と思わされる。

ちなみにオースティンも今自分が十代とかだったらファンになってたかもしれない、、、。

「かも 」というのはバリバリのブリットロックファンだったから
アメリカもの音楽けっこう疎い、という理由。

でもオースティン他の曲も聴いたけれどさすが歌うまい!
気持ち良く声が出てるから
聴いていても 気分が良くなる。

それと
どうでもいい話だけれど
この曲のPVでのツーブロック系オールバックの
ヘアスタイルは 自分的に超ツボで好み
というのもあるかな。

十代 にもどってみたいものだw。


話を戻して、

自分の気持ちが上がる
気分が良くなる
そういう曲を持っているって
思う以上に大事かもしれない。

私も  この曲以外でも
いくつか選んでみよう。

プチ情報その1
ブルゾンちえみ
おそらくかなり音楽に詳しいと推測。
そういう意味でも目が離せない。


その2
インスタで見ていてもわかっていたが(私のインスタフォローはほとんどワークアウト系)
世界的なワークアウトのトレンドは
お尻のボリュームアップ。
今行っているジムは
地方とはいえ、大型ジムのひとつ(と最近知った)で、
そのせいか外国人もいる。

来ている外国人女性は確かに負荷かけてお尻のワークアウト多くしている。

インスタも
細い体じゃなく、
細かったのが、こんなにメリハリ ボリュームアップしたとか
お尻の変化とか
そういうのばっかり上がってくる。

細いのがいい という時代は終わって
健康的に体作ろうという流れになったみたい。

私もトレーナーから
「痩せなくていい!」宣言出て
いよいよ
ボディメイクの時期に入りました。

体重とかより
ライン重視。

ヘルシーにいこう!



自分でいる

前回書いたアヤさんを見ていると

ユルフワ小さくて華奢でかわいい女性 を良しとする価値観に(それはそれでいいと思うけれど私は違うというだけ)
自分を合わせて
自分を殺さなくていいと心底思えた。

自分がアヤさんや すみれ  みたいな
カッコいい人たちがいいな と思うなら

細くて小さくてカワイイが良い
という大多数の人たちや 文化に合わせなくていい。

これは、パートナーとの出会いとかにもつながること。
けっこう前から
私は、もうあえてムリにパートナーを探すとかしてない。
理由は、
大多数の 「カワイイが良い」 に合わせて自分を殺すぐらいなら
一人でもいいやって思うからだ。

アヤさんとかすみれ  のような
「カッコいい女性が好き!
長身女性が好き!(ちなみにアヤさんは180センチ近く、すみれは175センチ近くある。さすが!のプロポーションで憧れる)
ワークアウトしてるぐらいの女性のほうが好き!(メンタル的にも)」
という人じゃないと自分が生きない。

自分の「ない」が刺激され、コンプレックスから
「アヤさんみたいなタイプ(あくまで例として)
がイヤ」とか言う男より

自分も同等に「ある」から
コンプレックスとかぜんぜんなく
「共通点が多くて自然だからいいよね」
と言う男性がいい。
あたりまえだけど。

なんにせよ
自分を生かす方が大事。

自分を殺すことはしない。
魂を殺さないこと。

誰がどうだとか関係なく
自分が自分らしくいること。
まずそれを大切にしたい。

体重計は持ってない :筋トレ

今年の お正月から始めたジム通いのきっかけは
この人。

f:id:skyblue555:20170515201209j:image

超有名トレーナーのアヤさん。

すみれ のナチュラルさが好きで
f:id:skyblue555:20170515201655j:image


インスタ、フォローしていたら
トレーナーとしてよく一緒に写っていたのがアヤさん。

右ね。
f:id:skyblue555:20170515201821j:image

2人とも、かっこいい〜!
こうなりたい!
と感動して
1年ぐらい前からインスタでフォローしたのが始まり。

ここまでストイックに追い込んで
カラダ作り

とまではいかないけれど
いろいろモヤっとした時はインスタ見て励まされてた。今でもそう。

今どんどんカリスマトレーナーとして有名になっていってるけど
ちょっと前までは
食事のアドバイスをインスタで乗ってくれてたり、その他にも
アドバイスをフォロワーにしてくれていた。

そんなアヤさんを見ながら
モヤっとした時はカラダを動かすことにしている。

トレーニングを始めたら
筋肉量が増え体のラインは変わっていく。

自分ではスカートゆるいな、ぐらいしかわからないのだけれど、
なじみのお店に服を買いに行くと
店員さんが
肩やらお尻やら指摘してくるから
そうなんだと思う。
自分では意外と分からないw
それでも言われると嬉しい^ ^

けど脂肪が減っても筋肉が増えると体重は増えたりもする。
筋肉の方が重いからね。

なので体重計は持たないことに。
ジムで計ればいいのと
体重と外見はあんまり関係ないとわかったから。
体重とかサイズとかの呪縛からも解き放たれた^o^

日本て、
小さくて華奢で細いのがいい、
カッコいいより可愛いいのがいい、
っていう刷り込みがマスコミやらのせいで強くて、、、。

アヤさんが そういうものを変えてきてくれている気がする。
だからステキだな
と思うのかもしれない。

いろんな刷り込みは捨てて
気持ちよく
カラダを動かすことが何より。
筋肉つけるときは
パーソナルでトレーナーにしっかり追い込んでもらうことにしてる。

夏に向け
自分が自分をもっと好きでいられるように
身体の面からもアプローチ。

アメリカみたいにジムが朝6時とかから開いてるといいな〜と思いつつ
言い訳せず
自宅で筋トレも今月から始めた。

人との比較じゃなく
自分が自分であるのが気持ちいい
そうあるために
身体を鍛えて整えていきたい。