silver lining cafe

市島おりせ の日記

ゴールデンボウル

金城武のことを先日ブログで書いたせいか
急に記憶がよみがえり

もう十数年以上前のドラマ

しかもリアルタイムで一度だけしか観たことがないのに
何でだか どうしても観たくなったのが

ゴールデンボウル


レンタルや他でも観れなくて、 結局DVDをアマゾンで買ってしまいました。
日曜に届いた^^

コメディー要素が強いドラマなので、当時は

ただ面白い!


ぐらいの印象でしたが
今回観みたら

今はわかる受け取るべきメッセージがバリバリとありビックリ!

あまりに驚いて、今週は一気に観ていました。


一番は


自分の内側を 外の何か(物でも人でもそれ以外の何かでも)で埋めようととしないこと。


自分を なにかで埋めようとしているときに

「必要だ」とか 「良いんだ」とか「好きだ」とその時は思っても
ふと「本当の自分」に戻った時
それが幻だったと気づいてしまう。

そして幻は幻でしかない。


その「必要」「良い」「好き」は本物ではない。

「~がないと、~がいないと 生きていけない」
というのは
まさに幻で自分を埋めようとしている状態。

同じように
誰かや何かに自分が必要とされていることで自分を埋めようとするのも
それもまた 
幻で自分を満たそうとしているだけ。

それはまるで新興宗教と同じ。

 

幻しかみていない。

 

 

すべて一言一句同じではないけれど、この内容の台詞が出てくる場面は
心にズシッと響きます。


教えられてきた
「自分を埋めてあげることができるのは 自分しかいない。

たとえそれがソウルメイトであっても
肉親であっても
どんなに大切なものでも

それはできない。
あなたを満たせるのはあなたしかいない。

何がなくとも 誰がいようといなくても 関係なく
ふりまわされず自分があること
それ以外は 本物ではないし 本物ともつながれない。」

そこを改めて映像でも 再確認した感じです。

コメディードラマで こんなふうに学びの復習をさせられるとはw
ってところですが
脚本が野島伸司なので 「さもありなん」 ですね。

今週は何度か観直して楽しみます。

☆他にたくさん良質な作品に出ているにもかかわらず、
このドラマの金城武が一番好きです^^
惚れ直してしまった。
相変わらずの低音ボイスも私にはツボです。

ゆるい 大そうじ

早めの大そうじを始めていたら

さすが師走。

今週はあっという間に過ぎてしまってます。

ブログも放置状態になってしまいました。

 

めんどくさがりなので

とにかく物は減らしてるんですが

減るどころか増えるのは本、、、。

 

そこは最近諦めることにしましたw

 

時間がないと言いながら

読書と映画と美術鑑賞と あとは語学

なんだかんだ言ってやってるんですよね。

 

自分の行動が見えてくる。

 

今年はフランス語も始めたので

また本が増えるというw

 

けれども

好きなものに関しては、ムリに片付けようとせず

ゆるくいくのが いいのかもしれませんね。

 

 

 

さあ  ご一緒に^^。

あら、素敵!と思い遅ればせながら読んだ記事です。

私も今同じ気持ちなので、これもシンクロなのでしょうかね?
すっきりさわやかで 読んでいて気持ちがいい内容です。

 

私も今は恥ずかしいとか思ってません^^。
前はそうでしたw

求めるモノには正直に。

読むだけでなんだか、「出会えそう♪」な感じになる良い記事です^^


「さあ、ご一緒に」ですね。

 



 ☆ここからは自分ごと。

 

恥ずかしいとか思わないことと同時に 大切なのは、自分をそのまま出すこと。

最近やっとそうなれてきてます^^

わかりやすく見た目も。

髪は伸びて長くなり、自分の良さが最大限に出せる 
大人だからこそのシンプルスタイリッシュ系に完全シフトしました。

自分も背が高いから、「さらにもっと背が高い人が好き!」と公言もしているので
表でもわかりやすくするために
遠慮せず7センチ以上ヒールとかもガンガン履いてます。

ユルフワかわいい日本的モテ系とかの要素はなしw

いっとき そういう ユルフワの人が羨ましいと思ったことありますが

それは本来の私じゃない。

 

私は私。

 

忌み嫌わず 私の個性を大切にする。
本来の自分の良さをちゃんと表現すること。

服だけでなく発言も持ち物もすべてにおいて。

それが自分を認めるってことです。


本来の自分を出さないと 「本物」はやってこないですもんね^^

 

さて どんな人とこれから出会うのか?

楽しみです🌟

 

 

 

suitファンには嬉しいニュース

ハリー王子もドラマsuitのファンだったんですね♫

 

このブログでも何度か紹介したドラマ。

ハリー王子もドラマの大ファンで、そこでレイチェル役のメーガンがすごく好きになり

 

「会ってみたい!」と友人にセッティングを頼んだのが始まり。

 

そして昨日婚約に至ったといういい話^ ^

 

登場人物がとても魅力的なドラマです。

レイチェルは聡明なパラリーガルで私も好きです。

 

実はハリーとの噂も知ってました。

suitファンで知らない人はいないはずw

 

ただ心配だったんですよね。

 

緩やかになってきたとはいえ皇室だし

メーガン、アメリカ人だし

それと彼女のルーツのことも知ってましたから。

 

(ドラマの中でも

父親がアフリカ系 母親がコケイジャン(白人)と似たような境遇設定でした。メーガンは父母この逆のようです。)

 

おばあちゃん(エリザベス女王)認めてあげて!とずっと思ってましたよ。

 

ハリー 特別好きではないけどw

ダイアナさんが亡くなった当初数年間精神的に不安定だったことを最近告白していたり

 

やっと落ち着いたところに

この件 認めてもらえなかったら

ハリー壊れちゃう(>_<)

と思ってた。

 

今回ニュースを聞いて

よかった〜(^o^)  安心したって!

って感じです。

 

suitファンとしてはレイチェルが見れなくなるのは寂しいけれど

ハッピーなメーガンが見れて嬉しいですね。

 

お幸せに🌟

 

 

自然とたわむれる その2

2017秋の おすそ分けです。

 

f:id:skyblue555:20171127175121j:imagef:id:skyblue555:20171127175150j:image

 

 

f:id:skyblue555:20171127180145j:image

 

なんだか落ち葉と一体化した色味の三毛猫もw

f:id:skyblue555:20171127175202j:image

 

自然の中にいるとおだやかな気分になりますね。

 

☆おまけ

 

帰り ホームに立っていたらドクターイエローが隣に止まりました (^ν^)

 

f:id:skyblue555:20171127175610j:image     

 

 乗っていいのかな?

と一瞬思ってしまったw

 

黄色も秋の色ってことで

最後まで秋を味わいました♫ 

 

自然とたわむれる

朝早くから紅葉を堪能。

 

f:id:skyblue555:20171126222348j:image

 

自然の色はやはり素晴らしいですね。

 

f:id:skyblue555:20171126225224j:image

 

季節も秋から冬へ移り変わってます。

 

 

 

 

 

ウォンカーウェイ週間

今日もつれづれ映画話です。

 

インファナルアフェアを

見始めたら

香港映画が懐かしくなり

香港映画と言えばこの監督。

ウォンカーウェイ監督作品を次々観てます。

 

恋する惑星から始まり

ブエノスアイレスも。

f:id:skyblue555:20171123232346j:image

 

ウォンカーウェイと言えば 画像がそれはそれはスタイリッシュ。

独特の映像が絵画のようでもあり美しい。

 

ウォンカーウェイ作品にもトニーレオン出てますが、

(というよりカーウェイ監督=トニーレオンというぐらい常にタッグを組んで来た常連役者ですね。)

 

個人的にルックスが好きなのは金城武

まあいわゆる わかりやすい いい男ですw

f:id:skyblue555:20171123232957j:image

これは初々しい 初期の頃。

 

レッドクリフトニーレオンとともに主演を張っていたと言ったらわかりますかね?

 

日本と台湾のミックスのようですが

やはり今見ても大陸的だと感じます。

 

日本作品にも出ていた時代がありましたが、最近は香港、大陸で活動してるようです。

 

カーウェイ作品には何度か出ている。

年々男っぽさが増してきていて、彼もいい役者です。

 

f:id:skyblue555:20171123233046j:image

 

(どうでもいい余談ですがw トニーレオン金城武

髪オールバックの方が好きです^ ^

 

二人とも一昔前の時代が舞台の作品に、よく似合う)

 

ウォンカーウェイ監督

良い役者を見つけるのがうまいのか

役者もともとの良さを引き出すのが上手いのか

美しい映像と相まって 

素晴らしい作品を作っています。

 

なかでも映像の素晴らしさを堪能するならオススメは

花様年華」。

f:id:skyblue555:20171123234138j:image

 

もちろんストーリーも良いです。

切ない話ですが抒情たっぷりでひたれます。

 

戦後数年たっての香港が舞台。

チャイナドレスのマギーチャンが うっとりするほど美しい!

f:id:skyblue555:20171123235544j:image

 

f:id:skyblue555:20171123235551j:image 

 

必見です。

 

 

そういえば、男優だけでなく

香港の女優さんたちも日本とは違う印象を受けます。

日本とは違って(?)大人の美しさを醸し出す人が多い。

 

女優の使い方も、カーウェイ監督非常に上手く、魅力を引き立たせていますから

 

大人の女性はカーウェイ作品見るのも良いかもしれませんね。

 

 花様年華は そういった意味でもオススメ。

私のベストオブベストのひとつです♫

 

 

 他のマイベスト映画は各国飛んでいるので

気が向いたらまた書いてみます(^ν^)