silver lining cafe

市島おりせ の日記

徒然 旅について

そろそろ旅行準備しないとなあ。

といっても一度行ったことがある場所なのと
旅好きな人たちに計画は完全にお任せなので^^

周辺にも行くといわれても どこに行くのか
実はわかっていない、、、。

なので 旅行だ!というテンション高めではなく
行ったら行ったで楽しいだろうね。たぶん珍道中だろうし♪

という全く気負いとかない感じです。

それと実をいうと ほんとうは一番行きたいのはやはりイビサ プラス ファオルメンテーラ。
前に行ったとき 「毎年イビサに来るんだよ」という外国人が結構いました。
その気持ちはすごくわかる。

インスタ他 イビサ情報関係をフォローしていることもあり、
いいな~という画像やら動画やらが上がってきて
より行きたくなります。フォルメンテーラもイビサもめちゃくちゃ海がキレイ。

また たぶん いつか行くのかな?行く気がするw

日本人に全く会わないという珍しい場所でしたが ここ数年は日本人にもイビサ人気が出てきてうれしいし^^

それとイビサ、 さすが世界のクラブミュージックの最先端ということで
私が行ったときは有名クラブPACHAに マーティン・ギャリックスが出ていました。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

実はその時は彼のことをよく知らなかったけれど

音がすごいことだけはすぐわかった。

当時は19歳ぐらいかな?今21歳にやっとなったぐらいの若いけれどキャリアがある

実力 名声ともにあるDJです。

DJとか言うと ちゃらちゃらしてるイメージが日本だと強いですが
まったく そういう要素がなく、まじめな好青年(少年といったほうがいいぐらい)という印象だったので
帰国後マーティンのことを調べてみました。

それでわかったのは、彼の母国オランダは、国を挙げてEDM(エレクトリックダンスミュージック)を支援し、年齢問わずダンスミュージックが浸透していて、国王までもEDMが好きという文化が根付いている。

マーティンも親の協力のもと、13歳ぐらいから親同伴でクラブでDJをしてきた 
という 今どきの「健全な」クラブミュージックの文化で育っている。
(ちなみにお父さんお母との記念写真をマーティン自身があげていた時あったのですが、 めちゃくちゃいい意味で普通の方で、クラブ好きには全く見えない。実際、堅実な家庭に育ったみたいです。マーティン。)

どんどんクラブがヘルシーになってきてるのがわかります。 私が行った時も有名な音がいいクラブで おじいちゃんやおばあちゃんも ふつうに踊ってました。
若かりし時と違いw、私はクラブとか普段は行くことはないけれど、イビサのヘルシーな感じは好きです。日本のイメージとは違いますよ。

話は少し飛びますが
EDM 高校生の間でも人気で、DJになりたい!という16歳男子がいまして。
なので
「DJって オランダがどう見ても一番進んでるから、卒業したらオランダに留学するものいいんじゃない。日本と音楽の文化度が違うみたいだし。ちなみにオランダ人は英語ネイティブ並みに みんな話すよ。(その翌年 たまたまオランダに旅行に行ったのでこれも実体験)」
といったら
英語の猛勉強を始めましたw

ここで DJ? そんなのダメじゃん と言うか
 DJ? こういうルートもあるよね。職業として技術磨く方法こんなのありだよね
と言うかでは
全く人を変えてしまうのかも と思ったのです。

彼がDJになるかどうかはわからないけれど 少なくとも何かしらプラスに自分でかじ取りをしていけるんだろうな。

そう思うと 私のチャラチャラした?w旅の経験も時に役に立つことがありそうです。

脈絡はなく ほんとうに徒然日記でした。









 

 

自分の欲に忠実になること それが「自分を生きること」

今日のDJあおい記事
納得。の一言です。

http://djaoi.blog.jp/archives/71932802.html

人のことより自分だよ!

という内容で、
一部 概略を書くと

「不足を感じていたり、実力足らずな人ほど人に期待しすぎる。
人に期待をしない人は、他人と自分を切り離していて干渉しないんです。

その人が不幸になろうが幸せになろうがどうなろうと知ったこっちゃないから
口を出さない。

悪口 批判 を言わないのは 決して 「いい人」だからじゃなく 期待せず 切り捨てる  無関心という非情な面を持つ、個人主義だからなんです。

幸も不幸も他人に期待しても
自分の人生には一切関係ないんです。

(だから)
人のことより自分の幸せを考えなさい。」

確かに。


今思うと
活躍してる経営者の方とか は
お客さんや  子供たち (ビジネス対象)とかには 決して深入りせず、無関心でした。

きっちり 線引きしているんです。

自分にそれだけ集中してるってことなのだ、と 今はよくわかります。

自分に素直に、
自分を生き始めると
 表現悪いですが どんどんゲスくなる
と言われてます。

これは自分に正直に生きてるだけ。
貪欲に自分を生きてるだけなんです。

私も そう生きると決めて
以前書いたように 実験中。

ガマン しない
嫌なことはしない
無理をしない
自分の快不快に忠実になる

そのために
言いたいことは言う
それが通じないときは
サボる  スルーするもあり。

お金も自分にたっぷり使う
楽しむことに貪欲になる
自分の欲に正直になる。

つまり ゲスくなる実験とも言えます。

ゲスくなるってつまりは

DJあおいの言葉を借りると
「自分の幸せは自分でもぎとること」
なのです。

人より自分。

昨日にシンクロで
メッセージもらった気分です。


補足☆
まだまだ私は自分の欲に貪欲になれていないと感じています。
自分で気づいていない欲を埋もれさせている。

そこを実験で掘り起こそうとしているところ。

今住んでいるところは
人はみんな優しく、いいのだけれど
地域性なのか、
欲望を抑圧していて
自家中毒っぽく私には感じられるから
いつも息苦しい。

だからこそなのか

自分の欲は周りを気にせず出すようにするんだ!
「いい人」になんか 絶対ならない!

となんだか今日強く思ったのです。

人に期待しないためには
徹底して自分の欲に忠実に生き切ることが必要。

欲しいものは欲しい
こうしたい 
とか
どんな欲望も素直に出すことは大事なんです。

どんな欲がこれから出てくるかは
まったくわからないけれど

出てきた自分の欲望に対して
人がどう言おうと 
非常識とか 極悪非道だとかw(そんなものも出てくるのかな?) 言われようが
ただ自分に忠実でいようと思います。

そう思うと
人を批判したりする余地はないでのです。








自分次第 他人がどうとかは それいらないんじゃないかな?

外見についてなので、ちょっとデリケートなところですが


最初に 超身も蓋もないことを 言ってしま
います。

 
  
プロポーション(骨格)がよければ、
つまり  肩もあり、手足が長いモデル体型

清潔感の要素 髪 肌 歯 が 整えられていれば、
 
ぶっちゃけ服とか装飾品とかどうでもよかったりする。
 
オシャレに見えるとか高級感とかなんとか
全部 これらがあるないだけでほぼ決まると個人的に思っています。

といっても この記事、そこが一番言いたいことではないので誤解ないように。
 
(もちろん 仕事などでのドレスコードには従うのが他者への配慮。これとは別の話。私が 人は見た目が〜と書いた記事は ドレスコードと清潔感についてのことですので。)
 
 
 
昔 ブックと言われるプロフィール写真持って外国人モデルたちがうようよ歩ってるエリアが 通学先で、よく彼ら彼女たちを 見ていたり
(懐かしいモリハナエビルあたりとかも。)
 
それと同時にバイト先では
某百万円するフランス製バッグ持ってるお客様たちも いろいろ見ていたり
 
同じ 某フランス有名ブランド服とか
着る人でぜんぜん違うこととかも。
 
見ていて 服を身につけている限り
ぶっちゃけ体型がめちゃくちゃ影響ある。
服って肩と背中で着るんだと観察してわかります。
 
身も蓋もないけれど
洋服は 基本西洋人に合うように作られてます。骨格の違いが大きいです。
 
 
同じようなことアイヴァンも言っていて
 
「パリコレとかのショーでの仕事が終わって、そのあと私服はめちゃくちゃダサいかっこしてるモデルたちが
オシャレスナップとかに使われてるのはよくある。
何着ても それなりに見えるから。マスコミが言うがまま そのまま信じて 真似ちゃダメだよ。」
 
結論
 
何が言いたいか というと
 
だったら
自分が好きなものを好きに身につければいいんじゃないの
オシャレもファッションも好きに楽しめばいいんじゃないのってこと。
自分が気持ちよく楽しめるのが大切。
 
素敵な人を見て
素敵だなあ と 参考にしたり 真似したり 
こうなりたいって工夫や努力したり
とか
自分軸でいるならいいけど
他人軸にならないこと。
 
 
これがオシャレ
高級感がある ない
とか 
他人を いろいろ言うのは
しなくていいかなってこと。
 

だって
 
清潔感要素の  歯 肌 髪は手入れや矯正で変えられるけど
 骨格は変えれないでしょう?
変えられないものを いろいろ人に言うのは違うよね。

 

それにね
一歩 日本の外に出たら
服の着方 体型や骨格でこうも違うのか
とかすぐ分かるものです。
 
長身で手足が長く、服を美しく着こなせる人たちがわんさかです。


それに加えて
日本では考えられないぐらいの貧富の差もあります。
 
超絶リッチで
小さな子供が ブランドバッグ持って
ブランド服着てたりもあります。
 
グッチのバッグ持ってる小学生ぐらいの子供とかも見たことあります。
 
ちょっと前に話題になっていたノンフィクション本
NYの 「パークアヴェニューの霊長類」にあるように
 
 
自分も夫も超エリート。
超高学歴なのは あたりまえ。
 
それだけじゃダメで
某百万円フランス製バッグは必須
外見も美しく、最先端ファッションでオシャレにしてないと
ママ友になるどころか、話してさえ貰えず
子供にも影響がある。
子供が仲間はずれにされる、など、、。
 
なんてコミュニティも存在する。
 
 
こうなると
小さな島国で
優越感や劣等感持つのもばかばかしいです。
 
小さなことで比較したり
他人がどうとか
思わなくなります。

人に どうこう言う気もしなくなります。
 
自分が どうありたいか
どうすればいいのか
どういたいか
 
そこだけ。

超がつくほど上を見ていけばいくほど
比較や他人がどうとか言わなくなるんじゃないか
そんな気がしてる最近です。
 
 
☆最近すごく気になるので長くなるけれど書いちゃいます。

お笑いもふくめ マスコミも
日本全体が
他人の または 自分で自分の外見を笑いのネタにするのに抵抗がなさすぎ。
 
ハリセンボンの春奈が
アリアナグランデに かつて真顔で指摘されてましたね。

いつもの「シュレックじゃねーよ」とネタを言ったら、

アリアナは
「なんで自分でそんなこと言うの?あなたはかわいいし、ぜんぜんシュレックに似ていないわ。」と。
 
男尊女卑の傾向も強いからですかね?
稲田大臣のグッドルッキング発言しかり男社会の反映だし。
 
そういうこともふくめ
 
他人が どうだとか言うのは 
もうやめよう
 少なくとも女性同士からやめましょうよ
 
 そんなことも書いていて思いました。

どうせ思ったり 書いたりするなら 「この人素敵ね♪」 ってところに目を向けていたいと思うのです^^
 
 
 
 

健康美

夏だから

というわけではなく
自分がワークアウトを始めたことで

男女ともに 

整った白い歯 笑顔 
鍛えられて キレイに筋肉がのった伸びやかで美しい身体
適度に太陽を浴びた肌

といった健康美を感じる人たちがステキだな  と思うようになりました♫


日本人だと やっぱり すみれ 好きです^ ^
太陽を感じる。

だから 
(実際に好きで着るのは  前にも書いたけどシンプルシックなsuitsに出てくる女性たちの服ですが)

美術作品としてや、コンセプトや雰囲気としては
おおらかで 底抜けに明るくて
幸せをふりまく
ドルチェアンドガッバーナの世界観や

ブルガリの 明るく鮮やか そして官能的な美しさに 惹かれるのだな
と思ってます。
自分のなかの  変化のナゾが解けた。


昔は ロック好きということもあり
細かったり
白かったりw
両性具有的だったり
といった感じのものが好きでしたね。


がらっと 変わってしまった^ - ^

健康的な身体は やはり健やかな魂がのってる気がします♫

昨日は 腹筋重視で違うワークアウトしたら 久しぶりに 筋肉痛 そして寝落ち。

心も身体もさらに健やかに いきます^ ^

☆健康美といえば浮かんだのがアポロン

f:id:skyblue555:20170722100202j:image

f:id:skyblue555:20170722100207j:image

太陽しょってますw




ハッピーになれるモノ : 昨日の続き

これいい

これほしい
 
と心が動くものだけに素直になってみてます。
 
昨日書いた心が動いたピアスとは
実は、、、、、
 
 
ブルガリのもの。
 
 
ハイジュエリーの類いには 決して入らないぐらいの物ですが
ローマのカラカラ劇場のタイルデザインを模したもので
フォルムが美しい。

これまでの 超清水買いは 某アメリカのお店の物でしたが

なんだか今はブルガリに惹かれるのです。
これまではプラチナ派だったのに
ゴールドに惹かれたりも。

これも何かしら内側の変化が出てきてるのかもしれません。
 
素直に
ほしいなら ほしいと書いてしまいます^ ^
叶いやすいともいうし♫
 
そして
よく考えたら
無駄遣いしなければ 実は
「買える」と 気づきました。
 
今すぐ買うとかは別として
「あっ本当は 私 買えるんだ」と 思うと
 
励みになるのと
 
執着心なく
これがいいな
と 曇りなく モノも選べる気がしてます。
 
そんな風に思ってたら
蜷川実花さんが
ブルガリでそのシリーズをつけさせてもらっている写真が上がってきたり
 
スマホの写真整理していたら
以前訪れた ブルガリ展の写真が出てきたり。
 
f:id:skyblue555:20170720133821j:image
 
f:id:skyblue555:20170720134100j:image
 

なんだか ブルガリの物って 

ドルチェアンドガッバーナと同じで

見ているだけで
ハッピーになれる^ ^
 
 
買えるかどうかより
心がどう感じるか。
 
そこをだいじにするように   と
今見せられてるのかも。
 
都合よく
そんな風に受け取ることにしましたw。
 
 
 
 
 
☆たぶんピアスは買うんだろうなって思っています♫
 
 
f:id:skyblue555:20170720121859j:image
 
気分が上がるので 美しい画像をたくさんあげてみます^^
 
f:id:skyblue555:20170720204503j:imagef:id:skyblue555:20170720204538j:image
 
 
 
 

断捨離とヴァージョンアップ?

実はまだ断捨離中。
こんまり さんが 言うように
ひとつずつ 違和感ある ない で
仕分けると
けっこう時間かかります。

狭い部屋なのに
なぜこんなにモノがあるのか?
それだけ無頓着だったって証明ですね^^;

ほんっとに モノは気に入ったもの最小限でいいです、、。ぐったり。

今日はここ
明日はここと やっていってまして
だいぶ モノも整理されてきました。
あとちょっと。
今週で終わらせます。

断捨離中に わかったこといくつか。
まず  判断力がつくかも
ということ。

それと いちど徹底的に
やってしまうと
その後 ムダに日々判断する労力がなくなる
ということ。

あとは前回も書きましたが
自分が好きなものがわかってくる。


好きなものといえば

不思議なことに
断捨離中でかたづけしている間なのに
ピアスが片方行方不明。

私にとっては
けっこうなお値段のモノだったのだけれど
最近 少し違うかなあと 思っていた時に
片方が 部屋のなかでわからなくなった。

首回りも
腕周りも 余分なものがあるのがわずらわしく
アクセサリーはピアスだけが好き
 と 断捨離でわかってきた最中でもあったので

ピアス ヴァージョンアップ買いしたくなりました。

実はピアスはバージョンアップ買いを
数年おきにしてましたが
そろそろ、
ということでしょう。

数は最低限しか持たないので
数年に一度だけ本当に好きなものだけにしてるんです。

それで
さっそく先週時間があるとき
気になるものを某宝飾店で 試させてもらいました。

買える買えないは別に
本物を実際 身につけて感じてみる
ということをしてみたのです。
(同時に好奇心で某高級時計も別店で試させてもらったりしましたが
どうやら私は時計には心は反応しないもようw

これも実際 試すと わかりますね)

今までは 違う宝飾店のものだったのですが
今回 気分がガラッと変わって
気になるものは
別なお店の  別な雰囲気なもの。


これを買えるように励みにしようかな
と買いはしないのだけど
気分があがりました^ ^

他にも 日常品で  買い替えたい物も出てきたり。

こういうのも断捨離の効果かもしれません♫



ケチらない

カーテン新調しました。
夜なので暗くなるから画像なしですが^^;

決して広くない部屋。
でも できうる限り快適にしようと思ってカーテンもオーダーにしました。

オーダーといっても無印良品MUJI
決して高くはない。
(本題とは違うけどMUJI 、名だたるデザイナーのデザインモノも多く、あなどれないので、よくチェックしてます♫)

オーダーした時サイズを店員さんに伝えたら
「それなら既成の この商品でいいと思いますよ」
と実は 言われたんです。

他店の結構いい商品、でも既成のものをそれまで使っていたけど

その10センチが しっくりこなくて毎日を過ごしていて
それが いやなのですよ。

だから値段じゃなく
しっくりぴったりするものをオーダーしたい。

と伝えました。

だからなのか?
そのあとサイズなどのことをいろいろ聞かれ
一時間ぐらい丁寧に対応されてのオーダー。
そして今日届きました。

結果は、

ぴったり!

納得のお買い物。

既成のものとは一万円ぐらいは違う。
でも
そこをケチらない。

違和感を覚えるものや
着心地の悪いもの
なんだかなあっていうもの
に決して妥協しない。
まあいいかとは絶対しないこと。
たとえどんなに小さなことでも。

これがケチらないってこと。

自分の心に
ウソをつかないこと。

実は これが無駄遣いを
ゼロにしていきます。

そしてこれが自分を大切にすることの
ファーストステップなのです。


自分を大切にする
手をかけるといえば
就活の学生さん。
よく見かけるので気になっちゃった。

袖はシャツが出る長さだよ。
肩でサイズを決めてちゃんとお直しするんだよ。

その髪型
サイドのナンチャラ毛 出しちゃダメだよ。

オシャレより清潔感と信頼感だよ
とか
完全に こうるさい老婆心ですが^^;

などなど と 今思ってしまうのは
そういうことが自分を大切にすること
自分に手をかけることとつながるからと今はわかるからなのです。

自分自身にケチらない。

喜びにケチらない。

違和感は ケチってるサインです^ ^