silver lining cafe

市島おりせ の日記

価格と価値は違う その1

もはや有名すぎるバフェットの言葉 「価格は支払うもの 価値は得るもの」 価格は売り手が決め 価値は買い手が決める とも言われていますが 私は価値には二種類あると思ってます。 ひとつは いわゆる真贋。 アート作品や 骨董などの「物」や バフェットだと企…

お金と 自分を大事にすることはイコール

前回 抱負について書きました。 お金もそのひとつ♫ お金ってパートナーがいたり 結婚している人は 2人で考えるものだったりするのでしょうし 家族名義などだと家族全員で考える重要なこと。 私はパートナーがいるわけではないので 自分のこととして自分で考…

お金と健康 今さらですが今年の抱負

今年はこの二つに取り組むと 今さらですがあらためて決めました。 やみくもな不安はないけれど、何があっても安心と思えるぐらいお金を貯める。 その一部をもとに少額でも長期間 投資をしっかりやりつづけお金を作り、お金がお金を生むようにする。 他にもお…

悩ましき体脂肪

胸やお尻 必要なところが 痩せるのが嫌で 今までは けっこう食べていましたが、そろそろ体脂肪を落とさないと という段階にw。 お腹がしっかり割れるぐらいって体脂肪が18から20%ぐらいと言われてます。 でも そこまでいくと 実は健康面では問題があったり、…

お手軽なものだけでは

健康番組 多いけれど とりあげる内容の 90パーセント以上が食べ物。 これを食べると血糖値が下がる、コレストロール値が下がる などというもの。 体は食べ物でできているのは 本当。 けれど、食べ物だけが大事なのではなく睡眠 運動 ストレス管理 生活習慣 …

本格的にヘルスコンシャスの時代に突入

今年春の衣替えで スーツ他 服を新調する際 「スニーカーかフラットシューズに合うもの」 にシフトチェンジしました♫ 車通勤をやめ電車通勤に昨年からしてますが ヒールの靴は健康に悪い!と実感。 かれこれ6、7年前に買ったこの靴をスーツに合わせる日が来…

本物を観る クリムト展

都内在住の友人を誘い 弾丸で クリムト シーレを 東京都美術館 国立新美術館とハシゴして観に行ってきました(^o^) 日本とオーストリア 国交150周年祝㊗️で企画されている両展覧会 どちらも見応えがあって素晴らしかったです。 個人的には 国立新だとシーレの…

rock and chic カリーヌ・ロワトフェルドCARINE ROITFELD

元に戻りつつあるなか 気になるモノの キーワードはrock and chic。 ロックテイスト 実は好きです。 プライベートで身に付けるもの 春夏物は そういうものを選んでいる気が、、。 といってもキレイ目が好きなのでロゴ入りや ハードなもの(スタッズやスカルも…

流行は追うほう?追わないほう?

連休ですね♫ 今日は、天気予報によると 寒の戻りもやっとなくなるらしいので 本格的に服の入れ替えをしていました。 服に関して、ここ数年は ムダ買いはほぼなくなり、好みのものを見つけたら 少数精鋭にして、それを着たおす!という感じです。 あまり流行…

現実世界を しっかり生き切る 時代へ down to earth

震災後 メンタルが弱ってる時に 心理学やスピリチュアル 自己啓発などについて学んだ時ありました。 そういう時期って多くの人があるのかもしれません。 今は 元気になったのでw そこのステージは終了!という感じが今年になってから。 メンタルやマインドな…

服装 所作 以前に大切なこと

予告した内容についてです^ ^ (長めなのでご了承ください。) 実は 紹介した本の著者 安積さんについて調べているうち 次のインタビュー記事を発見しました。 以下抜粋する部分が 非常に心に刺さったので今回のタイトルで書きたかったのです。 https://tabizi…

「誰が」よりも、、、

「誰が言うか」が重要という説聞いたことがある人は多いはず。 私はこの「誰が」に 今は 信頼を置きすぎないようにしています。 ハーバード式〜 スタンフォード教授 人気モデル 人気インフルエンサー ベストセラー有名作家 売り上げ 〜円の経営者 自由に生き…

お金をかける以前に手をかける

コモンるみ さんのブログで https://ameblo.jp/rumicommon/entry-12455076060.html 紹介があった安積陽子さんの この本 実際書店に行った時 めくってみて おもしろそうだったので購入。 じっくり読んでみました。(もう一冊新刊も) コモンるみさん が 書いて…

ビッグシルエット問題

今日は軽くファッションの話。 最近流行りのファッションはビッグシルエット。 春夏物 購入計画立てるにあたり ショッピングエリアパトロールを 先週から実行。 そこで困ったことが この流行。 個人的にこのダボダボファッション 苦手なんです(>_<) 基本Iラ…

ノートルダム寺院 tres triste😢

朝起きてのニュース映像にびっくり! ステンドグラスが、、、 テロじゃなかったのと 火がおさまったのがせめてもの救い。 補修のため使った はんだごて が原因なのでは?だそう。 うん10年前ぶりパリ行くか?どうするか? と思っていた矢先。 残念としか言い…

番外編 「怒らない」は美徳じゃない

今回長いです。 前回2回にわたって書いたような 時事問題 私は特にまわりに署名して!とか 押し付けもしないし、関心のない人に 対してムリに話題にすることもないです。 私のスタンスは というと 「おーっ!まさに これこれ!」 と共感した言葉が 、フォロ…

「怒らない」のは美徳じゃない その2

続きです。 ホルンバッハCMへ怒りの声を最初にあげてくれたのは韓国人女性たち。 その後在独 韓国人男性がCM中止への署名運動を立ち上げてくれ、私も署名しました。 Twitter見ただけでも多くの日本女性が署名に参加。 配偶者が ドイツ やフランス国籍の方だ…

「怒らない」は 美徳じゃない その1

書くか迷ったトピックなのですが 日本が本当の意味での「グローバル化」するにあたり「向き合う必要がある」 と私は思っているので今回取り上げます。 ドイツのDIY会社 ホルンバッハHORNBACHのCMが日本人女性差別として抗議が起きています。 韓国女性とドイ…

80年代ロックとの再会♫

先日80年代ロックイベントに参戦してきました♫ 実はこのイベントを知ったきっかけは QUEEN! 映画ボヘミアンラプソディー ヒットのおかげで当時彼らと交流があった 関係者の記事やツイートに触れることが多くなり その中に 中学生時代に読んでいたロック雑誌…

変わるお金の使い道

今年 お金を使うのは「健康」! 年齢的なこともあるのでしょうが、なぜだか必然的にそうなってきてます。 年明け早々 インプラント治療計画(現在治療は 骨定着待ち)からスタートし、 3月からはワークアウトも、食事栄養を戦略的にとっていくことにして取り組…

ワークアウト強化月間♫

日本もワークアウトや筋トレブーム♫ 記録として 私の 現在 週1回 1時間のパーソナルでのワークアウト内容書いてみることに。 最初の15分 は体の柔軟性や歪み矯正を入れたストレッチ。 それから 腕立て伏せ 10回 プランク 30秒 からそのままの姿勢で腰上げ下…

チートデイ♫

「週一回はチートデイを作ると 暴飲暴食 変なとき変なものを食べなくなる」 有名トレーナーのアヤさんが言っているので私も実践。 1日だけは制限かけず何でも好きなものを食べる♫ 今はほとんど食べない こういった甘いものを せっかく用事で遠出したので食べ…

清潔感を 維持するためには

年齢を重ねるにしたがって 私が気をつけるようにしようと思うのは「清潔感」^ - ^ 若いうちは 何にもしなくてもみんな ぴかぴか清潔感にあふれています。 20代を過ぎたら ひとつ また ひとつと年齢を重ねるとともに 清潔感を保つために 自分に手をかけてあげ…

映画クレイジーリッチが画期的なワケ (その2)

今までになかったこと その2は アジア女性の描き方。 この映画 を「玉の輿映画」と表現した批評家がいましたが 私はそれは まったくの的外れという感想です。 ここからネタバレ 入ります^ ^ 主役のレイチェルは最年少のニューヨーク大学教授という設定。 社…

映画クレイジーリッチが 画期的なワケ(その1)

映画Crazy Rich Asians(日本語タイトルはクレイジーリッチ)が 全てアジア人キャストのハリウッド映画という点以上に なぜそんなにエポックメイキングなのか。 書いてみます^ ^ この映画 原作本を昨年ベストセラー 洋書コーナーで見つけて なんだろう? とパ…

アジアン旋風♫とアジア人としてのアイデンティティー

ちょっと背伸びして銀座などの有名メゾンをのぞき見すると(買いはせず ちょっと見せてもらうだけw) 今どきはオシャレな中国美女に出会うことが多いです。 一昔前と全然違って 日本人以上に洗練されている。 体型も 普通の女子が 背も高く 足まっすぐ長いモデ…

批評家よりも「すべての人のため」

オスカーとりました!\(^o^)/ ラミ 主演男優賞。 作品賞こそ逃しましたが音響賞など複数受賞の快挙。 そしてオープニング演奏今年はクイーン。 ブライアン、ロジャー 笑顔で嬉しそうに演奏してました^ - ^ ウェインズワールドのこの人も出席。 (ウェインズ…

歌詞の変遷

内田樹先生 のこのツイートに「そうかも、、」 と、いろいろ曲を聴いていました。 私としてはビートルズやストーンズ以後も 90年代にも2000年代も けっこう「泣く」曲はあったなあ〜と思います。 ただ 最近は 確かに少なくなってきているような気がしてます…

映画「青い春 」切なさを感じる

少し世間も落ち着き始めたので 松田龍平 新井浩文 ダブル主演の映画 「青い春」について書いてみます。 暴力シーンが かなり多いので 万人どころか、 人によっては決して勧められる映画ではありませんが ある時期特有の やるせなさ、焦燥感 、ヒリヒリした感…

バベルの塔

今回は日曜の朝日新聞社説を読んでの感想。(紙ベースでも色々読みます) 言語は単なるツールではなく思考を形作るもの。 言語が違う=文化が違う その差異を知ることは思考の枠を広げていく。 言語って単なる道具ではないのです。 新聞の記事では AIが発達し…