silver lining cafe

市島おりせ の日記

インプットの時期

棚上げしていた、「これ読みたい 観たい」と思っていたものを次々みたりしていたらブログをすっかり書いてませんでした^^; これといって何かあったわけじゃなく、インプットの時期なのかもしれません。 塩野七生 ローマ人の物語も 途中だったのをこの秋はシ…

自分でも、、、

変な話なので苦手な方もいるかも、、という内容の話です。自分でも変かも、、、ちょっと自分で自分が気持ち悪いと思うぐらい何か察知してたんだな〜と夜中なのに目が覚めたので書いておきます。情弱シリーズ (中身について書くことはもうないです)あれはまっ…

さっきの補足: なぜそれが必要か

☆前回記事の補足を少しだけしておきます。今の仕事で「これはまだ好きかな」ってところは、手は抜かず集中してます。(まだまだマジメだから♪ www)実は この部分こそが、本来の業務のはずなのに、他の違う部分や雑務に多くとられる少し異様な状態に日本全国…

誰がなんと言おうとお金は大事

お金に罪悪感はないです。 もらえるならもらう くれるっていうならなんでももらう そういう自分であること。 今のところはまだ 何もしなくても もらえる とかはないのでまずはちゃんと自分に許可を出すというところ。 物質主義についても 自給自足が好きな人…

マツコと私

年齢は違いますがマツコデラックスと私は誕生日が同じ^^何かの縁でしょう。親近感がある。本題「マツコになる。」簡単に言うと、言いたいこと言って好きにやる。まあマツコはかなり賢い人ですし、物事もいろいろよくわかっている。もちろん、そこを踏まえ…

くつろぐとわかる

重いのが続いたので軽めな感じに思いつくままの日記です。自分の中の何かが抜ける時期だったのか近場の日帰り温泉に週末は行ってきました。温泉、 長く入ってられない性分で、そこまで好きじゃないのだけれど今回 なんとなく行きたくなり急きょ思いたって行…

直感について:情弱シリーズこれで終わりです

シリーズ その3です。 よく「直感は大事 」 と言いますが 心身ともに健康で ストレスがなく、しがらみや感情も偏っていない という条件が整っている場合にのみ 直感は有効。 なので 自分が今どんな状態かをまず確かめないといけない。 弱っている時 直感と …

情報の選択 前回の続きです

情報弱者になってしまう原因 前回の続きです。2自分で考えない3調べないについて。2、3はセットで考えていきます。情弱にならないようにするには情報過多の時代、自分が何に価値を置くのかはっきりさせておく必要な情報を明確にしておくそのうえですべての情…

情報弱者の自分をふりかえる

切り替わりの時期に 自分をしっかりふりかえろうと思います。 情報弱者:一般論ではなく 自分が情報弱者だと気づいた時の特徴を 情弱にならないために記録しておきたくなりました。 完全に自分のことなので 黒歴史公開でもあり恥ずかしいことですが 2度とそう…

8月から9月の濃い読書

なんだか切り替わった と感じた時に 前から気になっていた「闇金ウシジマくん」で自分が情弱だと気付かされ(;_;) 鵜呑みにせず検証して確かめること さまざまな違う考えに触れること 偏らないこと 自分で考えること!(いちばん大切!) など学びました。 この…

ハワイに行きたいのに沖縄に行くな

隙間時間に、自分を確認するため自分が書いたブログを読み返していたら「菊乃井行きたい」と以前書いてましたね。でもイタリアに行ってる間、その気持ちが なぜかスーッと冷めたのです。なぜか?と自分でも不思議に思っていたのですが、実はフィレンツェ、久…

砂糖とアルコール

生活習慣変えるひとつに、あまり最近飲んでいなかったけれど、アルコールも一ヶ月完全にやめることに。かわりになのかいつもはあまり食べないアイスクリームやらケーキやら ここ数日食べたら、、、、調子悪いのです。食べた瞬間はいいけど、白砂糖の後味が悪…

生活習慣

今月は生活習慣を整えることを課題にして過ごしています^ ^食べ物 運動 生活リズム 他まずは1日何気なく、していることとその時間を全部書き出し、把握するそこから今と間逆のことをするまたは 違う選択をするこう変えたい と思った小さいことをするというの…

ブログ考

あれっ?と ふと気付いたのは 今読んでいるブログの共通点は、自撮り写真がないこと。 そういえば と、自分のことだったのに忘れていたのは いわゆるセルフブランディングとかで自撮りや 〜会など集合写真が多く、逆に文字が少ないブログが多いなあ という理…

学び方

「ウシジマくんvsホリエモン 人生はカネじゃない」 の本もせっかくなので読んでみました。 マンガが苦手な方はこちらの方がよいかもしれません。 読んでいたら マンガの内容ではなく 「堀江貴文 いい人説」について書きたくなりました。 彼について、賛否は…

続き 自分が情報弱者だと気づく

前回の続き金融 経済 つまり 「お金」について 「とんでもなく自分は情報弱者だ!」 と 引きずりすぎですが 「闇金ウシジマくん」から始まり派生して興味がわいた本を読んだり データなどを見ていて自分の無知っぷりに愕然としています、、、。金融の世界(お…

何に価値を置くか

「ウシジマくん」関連で金融、経済関係、心理学なども含めいろいろ きちんとした書籍も読みたい と ここ数日 アナログ的に過ごしていました。そこで 偶然 パーマネントトラベラーまたはパーペチュアルトラベラーというものを知りました。単に旅行しているわ…

補足 今だから読めたのかもしれません

前回書いたマンガのこと 少しばかり補足します。 ここ5、6年ぐらい 「お金について (それだけじゃなく人生全体についても)しっかり考える時 銀行、証券などの金融のプロフェッショナルだろうが、一般の人だろうがこれ読んだほうがいい」と 本当にいろんなと…

禁断の本から学ぶ

人との無用な比較からも抜け切り 秋に向かい 気持ちも他も 地に足が着いた感じで けっこう穏やかに過ごしているので 今なら ずっと気になっていた アレをよんでも大丈夫かな? と 普段なら決して手を出さない 私にとって禁断の本を おそるおそる読んでしまい…

自然とともに

日本では見れないけれど 今日は皆既日食だったんですね。今ニュースでやっていて知りました。スピリチュアルなことを知識で入れたり というのがなくなってからのほうが満月とか新月とか 暦で知らなくても 体や気持ちの切り替わりが 自然に起きるので月のチェ…

SNS再考

「実際自分の目で見て 確かめて 実体験することを何よりも大切にする。」そのため、SNS利用頻度は最小限になってきてます。今のところ利用しているSNSは twitter Instagramのみ。 このブログは日記として書いているだけですしLINEは旅行の時必要に迫られ…

惑わされないために 外の世界を自分の目で見にいこう

何かニュースがあったのか 「リア充代行」「イイね代行」とかに関して 流行り?と思うぐらい意見記事が出ていたので いろいろ読んでしまったのですが 個人的には 原田曜平さん(博報堂マーケティングアナリスト 若者文化専門:若者の間のリア充アピール分析な…

今日本で働くということ

今回は問題提起として最初で最後ぐらいに硬めのシェアをします。「今日本で働くこと」というシリーズのhuffpost2013年の記事。ちょっと前のものですが働き方改革が叫ばれる中、今だからこそ全員で考えたい内容。☆シリーズのひとつ『いまの日本』が当たり前じ…

やりたいこと

1つ前の記事の続き。やりたいことは生きてる間に行きたいところに行くこと。無理にでも時間を作ってどんどん行くこと。休めないとか 無理 とか言ってすべてを諦めている人たちのように 考えたり、「真面目」に生きたり「いい人」なんかやっていたらあっとい…

どこでも行きたいところに行く

頑張って無理やりにでも時間を作れば行きたいところに いろいろ行けるかもと カレンダーと地図を見ています。行きたいところはたくさんあるので地図を見たり写真を見るのは楽しいものです^ ^なるべく間を空けず行きたいところには どこにでも行こう!と決め…

夏休みもそろそろ終わり

突然友人から「イタリアに行く?友だちが イタリアに住んでる友達夫婦に会いに行くついでに旅行したいって言うから行きたい人募集する♫」と誘われたのが数ヶ月前。夏旅、ぜんぜん決めてなかったのでまあいっか。のってみよう^ ^ぐらいの軽い感じでOK返事をし…

カッラーラの芸術家

今回の旅行の目的のひとつは一緒に行った友人達のひとりのそのまた友人である日本人芸術家ご夫妻が住んでいるカッラーラを訪れること。カッラーラ 日本人観光客は、ほぼこない場所ですが2000年前から大理石を採掘している山々がある有名な場所。彫刻で有名な…

観光より日常

観光より日常その土地土地の人たちの日々の暮らしの方に私は興味があるのだなと気づいた旅となっています。なぜその人たちがそうなっているのかその文化ができてきたのかそっちの方に興味があるのです^ ^なぜ美しいものを保っているのか人も景色も建築も物も…

懐かしい感じ

「welcome back♫(おかえり)」と 言われた感覚になった超久しぶりのサン・ジョヴァンニ礼拝堂。写真だと不思議なことに何枚 撮っても青い光が美しく入り込む、荘厳だけれど慈しみと優しさを感じる場所^ ^なんとなく懐かしい感じです。

どこでも

10年以上ぶりのイタリア。今回はアパートメントを借りたせいと観光 というショートトリップだからでしょうがどこでも住めそうな感じ。世界はどんどん狭くなってますね。地元の人に紛れています。今はイタリア人もバカンスを全員同時期にとるのではなく時期を…