読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silver lining cafe

市島おりせ の日記

ミニマリスト未満

ミニマリスト、モノを持たない暮らしが一大ブームだ。

断捨離ブームは数年前からつづいていたから、日本だけかと思っていたらアメリカでもそうなんだね。

物質至上主義の消費国家と思っていたら時代は変わっている。全世界でそうなっているのかな。


私個人もモノには散財してきたし、モノで心が満たされることがないのも十分ほど体験している。

本当に好きなモノ最小限で生きていく方向に、世間がそうだから、という理由ではなく、自然になってきた。


でも正直言うと私はミニマリスト未満。本当に気に入ったモノを厳選している気になっているが、

気に入って手に入れたモノなのに

飽きてくる。人間の性(サガ)なのか

飽きるのだ。やはり捨てては買うを繰り返している。


同じ内容をミニマリスト話題本の「ぼくたちに、もうモノは必要ない」に発見し、共感で頭を縦にブンブン振りたくなった。


飽きることが普通のことならば

その時一番好きなモノを最小限まわりにおき、大切に使うこと、使い切ることがモノとの健康的なつきあい方なのかもしれない。


やみくもにモノを減らすのではなく、自分が今その瞬間何に価値を置いているのかを、じっくり考えるのがミニマリストになるファーストステップだと思うようになった。


自分が大切だとしてる「価値観」をモノは如実に反映するからだ。


ただ少ないことが良きことなのではなく、どれだけ自分を知っているかが実はミニマリストのエッセンスなのかもしれない。

私はまだまだミニマリスト未満。でもその過程も楽しんでいる。