silver lining cafe

市島おりせ の日記

断捨離 モノと心の関係

昨日は部屋の掃除やら眼科に行ったり
以外と慌ただしかった。
それと服を委託買取業者を初めて使って見たため、荷造り。
さていくらになるんだろうか?

ちなみにリファウンデーションにお願いしてみた。査定連絡がくるので
結果が来たら報告がてらブログにも書こうと思う。
ちょっと楽しみ。




服を含む持ち物は、今の自分をあらわす気がする。
前は黒やネイビーが多かった。そしてなぜか時に原色w

今はスカイブルーや白などが気分なので
今回、何かもう違うな〜というものは買取に出してみたのだ。

身につけるから、服はフィットするか違和感あるかすぐわかる。
他も持ち物も、何か違うなあと思ったら、なるべくすぐ手放すようにしている。

そうすると、手持ちのモノってどんどん少なくなる。気に入って身につけるものの数は実は少ない。

それと、一度リサイクルショップなどで買取してもらうとわかるが
服は特に、一度手を通したら
〜万円の物が二束三文、の衝撃の経験をする。

その痛い経験から、なんとなくの妥協で買うことがなくなってきた。
妥協したモノであふれると、しっくりこない感じで
なんとなくそわそわするからだ。

自分で思う以上
モノから受け取るものは大きいかもね。

長くなるので、服との関係は別記事にしようと思う。