読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silver lining cafe

市島おりせ の日記

誰の言葉を採用するか

誰の言葉が響くか。

その共通点に、気づいた今日。
対照的なブログを2つ見てのことでした。

私が個人的に
響く女性たち、(セッションでもSNSでもブログでも)

それは一度 離婚し、
長らく迷ったり自分を見つめたり、時に苦しい時があったりしながらも

数年間、またはもっと長い期間、
前の旦那さんに経済的に頼ることもなく
すっぱりそこは離れていて、

経済的にも精神的にもしっかり自立し、(私がよく言うまちがった自立ではなく)

自分で道を切り拓き
地に足をつけて自分の人生を歩んできた、

その後
今の旦那さんと出会い
お互いの関係を築いている人たち。

そしてもれなく
責任がある程度持たなくてはならない年数まで、企業ほか組織で働いた経験を持っている。

私が信頼をおいてセッションをお願いしている人たちも
今日読んだブログを書いた人も
この共通点が全員にあって気づいた時
驚いたのですよ。

今日ブログを読んだ人は
いつもは辛口だから心がざわつくこともあるけど、
根底に経験値からくる優しさがある。

私がセッション受けてる信頼している人たちも、同じエッセンスを持っている。

全員、言葉がずしっと響いてくる。
辛い時は、逆に心がふっと軽くなったり
厳しいけれど経験にもとづいた言葉をピンポイントで出してくれたりする。

簡単に言うと
どっしりしていて安定感があるので、自分が揺れる時、とても助けられるのです。
そして、無意識レベルでも共鳴しているのかもしれませんね。

対照的に、
今まで意味なく揺らされてきた言葉の人たちは(もちろん勝手に私が揺れただけです。言葉も相手の自由だから。)

実は、ご自分も揺れていて
離婚か結婚を続けるかとかで揺れてたり、
自分では気づいてらっしゃらないかもしれないけど
しっかりした言葉に一見みえても
実は、誰かや何かに頼っていたりとか、
そこから来る揺れがある。
だから言葉にも揺れがある。

深いところを見るとわかってきました。

でも
その揺れに共感する人にはすごく響くと思うのです。
必要な言葉だったりすることもあるでしょう。

だから良い悪い、どっちが正しいじゃなく、
誰の言葉を採用するか

自分が欲しいものを自分がわかっていることなんだな
と思います。

見たいもの欲しいものは何か。
そこから外れないようにすることが
実は「自分を変えること」とイコール。
私にとっては、
どっしりした言葉は、そこからそれない道標になってくれます。

そして
私はまだ揺れ揺れなのでw

前書いた
頼る、甘える〜  などの記事は

間違ってきた自立から抜けるため
極に向かうように
極端に書いています。

自分に言い聞かせるために。
それないように。

人を頼り甘える
つまり信頼していくようにするため。

自分が望む方を常に向いていこう♫

というわけで
楽しい方を今は考えたいので
奄美大島旅計画を細かくしてみます(^ν^)

補足

☆それで自分はどうしたいの?

これをつねに自分に聞いてみること
だね。