silver lining cafe

市島おりせ の日記

まじめにデザインの話


震災後
がんばった自分にと買ったのが
このエルサペレッティーの
ダイヤのピアス。
f:id:skyblue555:20160729200539j:image
写真はお借りしました。

シンプルだけれど現代的なデザインが
もともと好きだったデザイナーだったので選んだのです。

f:id:skyblue555:20160729200856j:image
f:id:skyblue555:20160729200919j:image

この方がエルサペレッティ。
(私はこういう雰囲気の人好きです。)

私が持っている本物のジュエリーと言えるのは
このピアスぐらい。
結構なお値段でしたが満足しているので良しとしています。

(ダイヤについては
デビアス社が価格統制していて
本当の実質価格とかは知っています。エルサペレッティのデザインじゃなかったら買わなかったかもしれません)

買った後
ファッションを専門にしている友人に
いろいろジュエリーの話をしていたら

骨格やカラー等の専門知識ある方なので適切なアドバイスと
ジュエリーのいろんな話を雑談的にしましたが

私には
「このピアスはOKだけれど
ブランドで言うなら
似合うのはティファニーとかより
ブルガリね。」
ということ。

その時は?
だったので
その後デパートなどで(デパートってフラッグショップより敷居が低いのが良いところ)一流と言われる宝飾品ブランドいろいろ見てみました。

わかったのはフランス宝飾品ブランドは
モチーフがかなりフェミニンで
カワイイものが多く、

一方
イタリアブランドは大ぶりゴージャスかまたはシャープな感じ。

ティファニーはカワイイものがほとんどだけれど
エルサペレッティのデザインはシンプルだけれど曲線の使い方が他のティファニーのものと違って面白かったり
シャープな印象もある。

つまり
骨格的に、シャープなものか大ぶりなものが似合うということなのだな
とわかったのでした。

骨格によって似合うものは人それぞれだということも気づきました。

ちなみにエルサはイタリア人p(^ν^)どうりで。

家具といいイタリアのデザインはなんとなくあっているのか心惹かれるものが多いです。

おおらかで明るいのが
本当の自分なのかも。

またはそういうもので
補う感じなのか

そこは
わかりませんが。



ところで
ブルガリといえば
昨年の上野での
ブルガリ展は素晴らしかった。

色にあふれていました。

私はハイジュエリーを身につけるとは
いきませんが

今年後半は
明るい色使いでいこうかと思います♫

イタリア人のマインドが必要
または取り戻せってとこなのかもしれません。

chao♫


☆ブルガリの美しい作品たちを貼っておきます。色がとにかく素晴らしい!

見ているだけで元気になる「色の世界」です。

お試しでいいから身につけてみたいですね(^ν^)

f:id:skyblue555:20160729204737j:image


f:id:skyblue555:20160729204538j:image

f:id:skyblue555:20160729204706j:image


f:id:skyblue555:20160729204831j:image

f:id:skyblue555:20160729204645j:image