読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silver lining cafe

市島おりせ の日記

命をいただく

f:id:skyblue555:20160803184102j:image
奄美では
地元のおじさん、おばさんが作った
ひと皿500円の料理や、

気分で開けてるようなお店の鶏飯が
(皇太子も来たお店なのだけれど、素朴で気分で開店する(^ν^)

涙が出そうなほど美味しかった。

接客とか不慣れで、たどたどしくて
注文もいつとるのかな?って思うほどだけれど

ぼくとつで、なんとな〜くよい感じなので
だれも急かさない。

そしてとにかく美味しい。
地元の野菜や鳥や豚や果物が味が濃い!

命をいただくことを実感して食べました。

お店は清潔だけれどおしゃれではない。

ライターをしてる友人が食べ物の値段に対してお店の雰囲気などで値段をかけているのを
「おしゃれ税」と呼んでいるけれど
(さすがライター。彼女は今インド。インドではおしゃれ税かかってるとこあるのか今度聞いてみよう^ - ^)


おしゃれ税はゼロのところが
命を感じる食べ物を出してくれました。

観光客用に本土から持ってきたらしいものや
ちょっとおしゃれっぽくしたものは
あんまりおいしくないのです。

地元のものを土地の方法で料理したものやっぱりおいしい。

体が喜ぶよ。

同時に
頭がぼーっとして使いものにならない感じで
社会復帰できないかも。

ぼーっとなんにも考えず
なんにもしないで
一年ぐらい休んで過ごしたいな。

長〜い夏休みだね。


今帰路ですが
食べ物の濃厚な味が
すでに恋しい感じ。

f:id:skyblue555:20160803184745j:image