読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silver lining cafe

市島おりせ の日記

断捨離の基準 本、ブログ編

残しておくものの基準は
短期的に高揚感があるものではなく
長期的にいいなと感じるもの。
または実用的、現実的なもの。
このふたつでしょうか。

本は自己啓発系全部捨てたと思ったらまだありましたw

ただ、その類とされてはいますが
経験値やキャリアが実際あって
かつ、ご本人から直接
「(ご自分の書いた)本とかブログ読むより
実際に楽しいと思うこと
小さなことでいいからどんどんやっていってね(^ν^)
実践してね。
そっちのほうが、よっぽど大事だよ」

と言われたのですが
その方の本は残すことにしました。
ふっと忘れた頃に読むと
具体的に実生活で役立つことがあるのです。

そういえば堀江貴文(ホリエモン)は
ありえないぐらいストレートに書いてました。
著書のしかも序章で!

「こんな本読んでる場合ではないだろう。(中略)パッと読んで、気づいて、この本は捨ててしまうくらいが一番いいと思う」

自分で自己啓発本を出しながら
(彼ぐらいになると、自分からじゃなく出版社からお願いされるパターンでの出版でしょうけど)
自己啓発本との距離感を最初にきっちり示しておく。

たぶんホリエモンはこういう本を
自分で買って読むとかしないだろうな。

そんなホリエモン本どうするかは今審議中ですw

ブログも基準は同じ。

プラス、深刻なテーマの時であったとしても
具体的で現実的なアドバイスがあり
時に厳しさもあるけれど
決して毒を感じないし
本当の強さがあるからこその優しさがある。

(これ、すごいと思うのです。現実的じゃないと、いくらでもふわふわ優しくできるけれど
現実的で地に足がついている、けれど爽やか。
なかなかできないことです。
見習おうと断捨離しながら今回思いました。)

現実的であるけれど読後感が爽やかなものが残りそうです。