読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silver lining cafe

市島おりせ の日記

007スカイフォール

前回
ロイヤルダルトン
ブルドッグのジャックのオブジェをみて、
このジャックが出てくる
007シリーズ
スカイフォールを再びみてみました。

今のダニエル・クレイグのボンドから
映画館ではみています。
今までのボンドの役者と違って
人間くさいところが強い感じなので
そこがいいのかもしれません。

でも、このスカイフォールは映画館ではみていなかった、、。
また後悔しました。

現場から現役引退、去ることを勧められるボンドと
擁護するM(MI6のトップ)。
そしてMの最期などなど、
人間模様の描き方が濃厚なのと
本来
主役をはれる役者陣がわきをかためていて、そこもすばらしく
クレイグの四作のなかではいちばん好きです。

主題歌を歌う
アデルの声も素晴らしい。

四作目のスペクターで
ダニエル・クレイグのボンドは終了とされていますが
人間くさいボンドが見れなくなるのは
さびしいかな。

ちなみに
ジャックに注目してじっくり今回見てみたのですが
かなり登場していたのですね。

内容自体が濃いので
前みたときは
ジャックにそこまで注目していませんでした。


Mのデスクにいつもいて、
爆発後でもツギハギ修理して
だいじにされていたジャック。

ボンドへの遺品として渡されていました。

背中にユニオンジャック(国旗)を背負っているジャック。

「自分に負けるな」「国を守りきれ」
ジャックの持つメッセージ。

ジャックは
この映画での
かくれた名優でした。


f:id:skyblue555:20161007003856j:image