読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silver lining cafe

市島おりせ の日記

愛されるには 力を抜く

だんなさんがいて
頼って甘えるから
余裕ができるため
なのか

逆に
余裕があるから
頼って甘えられるのか

ほわほわ笑って
幸せなそうな人というのは
その人 本人が「がんばってる」
と思っているときでも

私の場合の
40から50ぐらいだということに気づきました。

(おもに仕事などについて
 最大値が100として、
女性は最大70ぐらいにしておく必要があるという前回のつづきです)

注意としていっておきますが
あくまで私個人から見て
ということなのと

ああ
それぐらいでいいのだなあ
というか
それで本来はいいのだなあ
それぐらいが愛されるんだなあ

じゃあ
もっと私は力をぬいて
自分を楽にしてあげないといけないな
理想の人との出会いがほしいなら
自分が楽になってるほんらいの状態に
もどしておかないと

と わかり、
自分に優しくしようと
あらためて思えた

というよい意味での気づきです^ - ^

気持ちが
ふっと楽になりました。

仕事とかも
ムリムリするものではないのかもしれないし

仕事そのものや 職業とかも
もたなくても
よい人もいたり
枠にとらわれなくてよく

人それぞれ
ほんらいの自然な状態でよいもので

ムリして
がんばらなくてもいい

そんなふうに
楽な気持ちにさせてもらえたのです。

力をぬいて
もっともっと楽に。

そういう余裕のあることが
女性にとっては
愛されることとつながるのでしょう。
出会いも
そいういった余裕があるからこそなのでしょう。

余裕をつくるためには
まずは
自分をじゅうぶんいたわって
もっと優しく大切に

そんな気持ちになりました。

補足:仕事やそのほか
純粋に「楽しい!」という人なら
「がんばってる」ではないのですよね。
がんばる必要もないし
認めてほしいとかもないでしょう。

自然で、余裕がそこにあるときは
そこに
がんばりも
ムリもないのですよね。

そんなことも
考えさせられました。