silver lining cafe

市島おりせ の日記

かたわれ

「君の名は」が歴代日本映画三位になったようです。

映画をみてから
気になっているのが
作品中でてきた
「かたわれ時」という言葉。


万葉集から、
誰そ彼(たれそかれ)時
から黄昏時

そこから さらに派生して

彼は誰どき(かわたれどき)
そして
「かたわれ時」に。

ここでは
自分の「かたわれ」がテーマになっています。

そのせいか
私も
まだ見ぬ自分の「かたわれ」が
いまどこにいて
何を見て
何をしていて
何を思っているのか

そんなことを
空を見ていると
思うようになりました。

f:id:skyblue555:20161129205121j:image

顔も知らない
どこにいるかも知らない
名前も知らない
自分の「かたわれ」
自分の「半分」。

ときには
そんなことを思わせてくれる映画もよいものです。


f:id:skyblue555:20161129205921j:image