読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silver lining cafe

市島おりせ の日記

感情のスケール

知ってよかった有名な法則に
「感情のスケール」があります。

感情のスケールは以下22段階で下からじょじょに上がっていくものです。

《感情のスケール》
段階 日本語 英語
1 喜び、
大いなる気づき、
自信、自由、愛、感謝 Joy/Appreciation/
Empowered/Freedom/Love
2 情熱 Passion
3 熱意、やる気、幸せ Enthusiasm/Eagerness/
Happiness
4 ポジティブな期待、
信念 Positive Expectation/Belief
5 楽観 Optimism
6 希望 Hopefulness
7 満足 Contentment
8 退屈 Boredom 
9 悲観 Pessimism 
10 ストレス、いらだち、
短気 Frustration/Irritation/
Impatience 
11 戸惑い Overwhelment 
12 落胆 Disappointment 
13 疑い Doubt 
14 心配 Worry 
15 非難 Blame 
16 失望 Discouragement 
17 怒り Anger 
18 復讐 Revenge 
19 敵意、激怒 Hatred/Rage 
20 嫉妬 Jealousy 
21 自信喪失、罪悪感
自己卑下 Insecurity/Guilt/
Unworthiness 
22 恐れ、苦悩、憂鬱、
絶望、無気力 Fear/Grief/Depression/
Despair/Powerlessness

じゃあいいほうにすぐいかなきゃ
とは一足飛びに
はいかず

ムリにとびこすと反動が大きいので
やめた方が良いというもので、

みるとすぐわかりますが

たとえば自己卑下していた人が失望してたり怒りを感じるようになってきたら
それは進歩。
その先そこから心配までいったら
それも進歩。

いっぽいっぽ
うずまきのように進むものと思っています。

そして、
こうだから
いっぱひとかけら
「ぜんぶわるい」
ではないのです。

これを知っていると
自分も人も
しっかり理解できる気がします。
理解までできなくとも

一部をみて
ぜんぶダメね と自分も人も
さばくことをしなくなります。

さばくのはダメね
と言っている人でも
この感情のスケールを理解してなくて
じつは人をさばいてしまっている
ということも よくあること。

それすら
今は俯瞰してみれるので
理解できる感じです。

人はシンプルでもあると同時に
ふくざつ なものです。

これを
そうだね そうなんだよね^ - ^ と 
人間の いろいろな多面的なところを
ふかく理解することが
じぶんの器を大きくするのだと思いました。

まず自分がいっぽいっぽ進もうと思います。

f:id:skyblue555:20161205215814j:image