silver lining cafe

市島おりせ の日記

考えない習慣を大切に

ここから 春まで いそがしくなる時期なのですが
家にかえったら
あえてなにも考えないように
ぼーっとするようにしています。

職場でも できるところは
なるべくおっとりと。

ぼーっと あったかく ゆるくしておくほうが
なにがなくとも
しあわせを感じやすいです^ - ^

実をいうと
ぼーっとしていたほうが
逆に 気づくこともおおいのです。
これについては
気が向いたら書くとして


きのうは
ぼーっと入ったレンタルショップで
偶然に
いぜん おおくの人がすすめていた映画をみつけたので
みてみることに。

この映画です。

オリジナルだとthree idiots
f:id:skyblue555:20161208184715j:image
「三人のバカ」

邦題
f:id:skyblue555:20161208184749j:image
これは劇中くりかえしでてくる
All is wellをとったものらしいです。

ふだんは集中したいので映画館にいって映画はみるのですが
久しぶりに家でみたら

知らなかったのですが
なんと およそ3時間の長編!

でも一瞬たりとも飽きさせない。

さすがインドで大ヒットになったわけです。

あらすじほかは
あえてかきませんが

よふかしして
みていたら

なんとなく
やっぱり
ぼーっとする時間(ある意味 ばかになる)時間をもつこと
現代人には必要かもとおもいました。

ムリに何かにせかされたり
〜しなくちゃ
とか
みんながしてるから
とかじゃなく

やりたいことがあれば
やればいいし

そうじゃなければ
ぼーっと
ゆったり今を楽しめばいいし

ぼーっと ゆったりも
実は やりたいことだったりするし。

今したいことをして
したくないことをしない。

日常でそれ(したいことをしてやりたくないことをしない)を ちいさなことから
するための
基本になるのが
まず 「考えない」=「ばかになること」

ぼーっと「ばか」にならないと
じぶんのしたいこと したくないことに鈍くなっていく気がします。

たぶん今たくさんの人が
マヒした感じで生きている。
とくに組織で長く働いていると。


ぼーっと力をぬいて
考えない習慣をつけると

すくなくとも そのほうが
わたしは
職場の人間関係は
とても良好。
たぶん
じぶんがいろいろ
やわらかくなったからでしょう。

みんな笑顔がふえた。

職場と家の往復なので
職場しかわからないけどw

ぼーっと考えないことも
大事な習慣です。

なにかするとか しないとか
それよりも
もしかしたら
やわらかくいることが
まずは 大切なのかもしれないですね。