読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silver lining cafe

市島おりせ の日記

「ある」ものを しっかり感じ 味わう

学生時代の友人たちと

プチ忘年会でした。
 
久しぶりに会った友人と
今 「ある」ものに ちゃんと気づいて
しっかり 味わうことがだいじ
という話をしていました。
 
「ある」ものに気づいて
ありがたいな〜と
ふわっと 感謝の気持ちが自然に出てくるには
「感じる力」がだいじだと思うのです。
 
ここ1ヶ月ぐらいのあいだ
アルコールやコーヒーをあまり受け付けなくなり
なんとなく味覚以外も鋭敏になっている気がしていて
そこで気づいたことは
 
現代人の多くが
アルコールやタバコをとったり
 甘いものをいつも食べていたり
刺激物をつねに入れることで
 
マイナスなことをマヒさせて感じなくさせているとともに
 
プラスのことも感じる力がマヒしてしまうのかも ということ。
 
疲れや もやもやを 感じにくくなることは
今ある「ある」ものに気づきにくくもしていているのじゃないかな。
 
食べ物だけじゃなく他でも、
刺激物を取り入れている。
 
ワーカホリックなどだと
もっともっと仕事を、
娯楽だと
もっと派手で興奮させるものを、
モノも
もっともっとたくさん、
生活も
もっともっと豪華でリッチなものじゃないと、
 
などほか
これらもアルコールと同じ刺激物であって
引きかえに
何か大事なことに気づけなくなっていったりするのではないでしょうか?
 
日々の暮らしのなかで
ごくちいさななかに
なにを見つけられ
心動かされ
感じ 味わうのか?
 
刺激中毒だと
感じる力が弱いので
さらに強い刺激をもとめて
もっともっととなっていき
際限がなくなり
よりマヒしていくのかもしれません。
 
自分のことをふりかえりつつ
そんなことを思うのです。
 
「ある」ものに気づくためには
マヒした感覚をとりもどすこと。
ぼーっとなにもしない
というのは
感覚をとりもどす大切な過程なのです。
 
いちど しっかり
とりもどす過程を はしょらないこと。
 
とまってみえても
実は近道だと思うのです。
 
生産性が高くなくちゃ
とか
成長しなくちゃ
とか
立派な人でなくちゃ
 
とかは
おそらく
感じる力を鈍らせていくので
注意とも思っています。
 
じわっと じっくり しっかり
あるもの を味わうこと。
それが
みちっと 自分のうちがわに力をフルに充電させる方法なのじゃないかな。
 
☆母校のツリー。
シンプルだけれど
多くの人の記憶に残り続ける
幸せなツリーです。
 
久しぶりに見れてうれしかった^ - ^
 
f:id:skyblue555:20161211195009j:image