silver lining cafe

市島おりせ の日記

必要な時必要なものを借りる時代

家や車だけでなく

家具でも服でもバッグでもアクセサリーでも
いろんなものが借りれる時代になってるなあ
と昨日 レンタルやシェアのサービスサイトたまたま見ていて思いました。
 
買えるけど 買わない
ブランドバッグなどに特化したレンタルサービスもあったり
しかも
低料金で宅配でサクッと借りて、サクッと返すだけ。
一度持ってみたいわって思うなら借たらいいだけなのですよね。
 
(個人的にはブランドバッグとかは
一般の人が100円使うぐらいの感覚で、エルメスバーキンでもシャネルのマトラッセでも買う生活をしている本当の富裕層が
プロパーでちゃんと買えばよい商品だと思ってます。商品にとってもブランドにとってもそれがベストなのかも。
 
でも、本当に心から欲しいもので
それが喜びだったら
車でもバッグでも買えばいいだけだし。そこは自由なんです^ - ^)
 
それ以上に管理、維持費ほかを考えると
「モノを所有しない」ことがなぜ今のトレンドになっているかわかります。
 
持っているモノや 外付けの外見で人の価値をはかる時代ではないし
モノを持っているからカッコいいとも思わない。
必要な時 必要なものだけ借りたらよくって
自分が持つのは使用頻度が高くて 本当に気に入った最小限の精鋭だけ。
「すべてシンプルに」
そういう時代にシフトしている。
 
買うな 持つな と言っているのではなく
真面目な観点でいうと
 
モノとは(他のサービスも)
いろんな命を奪って生みだされている
だからこそ
その命を大切にするためにも
必要なものだけを大切に使っていこう
という
 
地球環境を考え
循環型社会を重視する文化を
 ミレニアルズと言われる若い世代ほど 持っている。
何か買う時は、エシカルethical (倫理性とか道徳的という意味)な基準に
叶っているものを という傾向も強い。
 
若いほど時代に順応性が高い
だからこその反応と私は見ていて
彼らから学ぶところは多いです。
 
 よりシンプルに。本当に心から欲しいものだけを。


あまった分は
自分がほんとうに必要と思うことにまわしたり
そのための貯蓄 投資にまわしたり
と、生活も 心も身体も整えていきます。
 Woman Wearing Pink Sports Bra and Black Draw String Pants