読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silver lining cafe

市島おりせ の日記

本当で本気のアドバイスとは?

ちょっときびしい内容。 

「(離婚や失恋やなんとかで)傷ついた過去があって〜。
だから今は 〜できない。」

〜には結婚できない
生活できない 、パートナーとまわりには言わない、一緒に公的な場に行かない


などなどが入るそう。

これは「クズ男が使う常套句 で 傷ついたから〜。と 〜できない 。はセットで使ってくる!注意だ!」
と 教えているブログがあり
反響すごくて シェアされていた。
(クズ という表現、キツイ表現ですが、使われていたのでそのまま利用します)


コメントに

「男はそういうクズ男すぐわかるけど
女はわからない人多いよね。
特に一見優しげて人格者っぽいとわからないみたい。」

と誠実男子が書いていた。

でも男同士はプライベートなクズさを知ってても
基本口に出さない。
利害関係があったり仕事ではOKな場合はなおさらで、
クズ男のことをクズとまわりに言わないでおく。そこは男同士のルールがある。

世間体とか仕事のつながりの方が大事だったりもするから とのこと。

口には出さないけれど
男同士でわかっているのは
クズ男は搾取できる女性のところから搾取して
速攻で他の女と結婚したりするから注意すべし
とのこと。

「癒して欲しい」とかいうのもクズ男の特徴で成熟した男はそんなセリフ言わない とも。

やはり同性は同性のことをわかるものなんだなあと 思った。

相談できる、良き 男友達を作ろうと思う。
その場合、恋愛抜きでの関係で、同じコミュニティーに属していない利害関係がまったくない方が的を得たアドバイスもらえるみたいだ。

などなど 
ありがたい知恵を授かった気分です。

それ以上にこの記事で教えられたのは
この人が悪いんだ!という
どっちが悪い論議じゃなく
(意味ないから)

成熟したいい男と出会うには
自分が成熟している必要があるってこと。


弱くて幼い、つまり安い女には
同じく安いクズ男が寄ってくる。
(「安い女はモテる」のDJあおい記事もかなり辛口ですが超オススメです。)

成熟した女にはそういう安い男はそもそも寄ってこない。

男女どっちかが一方的に悪いとかはないのです。

同じもの同士が引き合うという例のひとつなだけ。

それが嫌なら
幸せになりたいなら
本当の正しい自分の磨き方をして
成熟しないといけないってこと。

がんばるのは そこ!
自分がどうかを見直しなよってこと。

いいアドバイスって優しくも厳しいカツをも飛ばしてくれるもの。

ほんとうにためになるものが多い気がします。現実的なんですよね。

ちょっと、どキツイ表現、内容もあったので(相談者が。性的にかなりあからさまで、どギツイ。)リンクはあえて貼りませんが、心からのアドバイスが書かれていて 良記事でした。

ちなみに DJあおいとは違う方です。