読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silver lining cafe

市島おりせ の日記

心の防衛方法と 強い精神力

辞めるまで   と その後のことも考えると
精神状態をうまくたもつため
心の防衛方法を決めておく。

睡眠を十分とる。
身体を鍛える。
ムダなこと、余計なことを考えない。

貯金をして
通帳をみて気持ちをあげる。
(バカみたいに聞こえるかも知れないけれど、意外と大事だと思う。
自分を律することは、自由に生きるには必要だからだ。

外からもたらされる、うわべの欲望に飲まれてはいられない。本当の望みと、ずれていないかの確認はつねに必要。)

親を捨てる(これは私にとって一番やる必要があること)

親からも逃げたい。
精神的にエネルギーを吸い取られる。
もうイヤなのだ。
本当の強さとエネルギーをとりもどしたい。

それから
結婚もしていないからパートナーはいないので
誰にも頼れない。

だから
「孤独との戦い」
「ひとりでがんばって
生きていかなくてはいけない戦い」

そこに打ち克つ精神力をつけないといけない。

正直、守って助けてもらえる人がいるから
戦う必要さえない女性って
羨ましいと思う。

男性ほどは孤独に強くないし
弱いところも体力含め多い。

でも
羨ましがっていても しょうがない。

いないものや
ないものは 考えてもムダなものだ。
ムダはいらない。闇に飲まれるから。


それより
お金を貯めたり作ったり
スキルを身につけたりして
自分で自分を守る方法をしっかり考えていくこと。

体力がないならお金などでカバーする方法を考える。
お金はキレイごと抜きで私を守ってくれるのは事実だ。

お金については
キレイごとではすまないと思っている。
知識も必要だし、さっきも書いた
外的刺激から自分を守る必要もある。

お金について キレイごと抜きでつつみ隠さず、書いたり言う人は信用できると思っている。

そして 最後に。
「強くないと生きていけない」

自分で自分を なんとかしなくちゃいけない。
自分で自分の責任を死ぬまでとらなくちゃいけない。


「弱さを出して」
というけれど
弱くても
誰も助けてはくれない。

みんな自分のことで精いっぱいだから。
悪い意味でじゃなく
みんなただ精いっぱい生きている、余裕がないことだって多い。

ただそれだけだ。

自由に生きるためには
強くなるしかないのだ。

「余裕を持って」
というのは
「誰かに守られている人」か  「強い人」
どちらかしかいない。

私は選択の余地はない。

強くなろう。

まずは 今いる場所から 早く抜けよう。
そのためにも
強くなるしかない。