silver lining cafe

市島おりせ の日記

もっと身軽に なぜか気になる高城剛

本田直之×四隅大輔 のふたりに刺激を受けたら
今さらですが
高城剛に がぜん興味が出てきてて
著書を読みまくっている。

前記のふたりは サラリーマン出身で、
自分とは能力やバックグラウンドに差は多々あれど
サラリーマン時代に何を準備したか、
目標のため お金をためたこと、
必要なスキルをつけ、やれることをやった
などなど
含め参考になる。
実際  自由に生きる準備を始める決意もできた。

一方 高城剛という人物は
20年以上?もっと前?にマスコミに出てきた頃から見ているが
いまだに訳がわからない人物。

半ズボンおじさんのイメージで
肩書きも よくわからないw
参考になるかといったら?である。

でも
今 すごくその生き方に惹かれる。

どんどん身軽に
持ち物を軽く、
どころか
この人は手ぶらで世界じゅうを動いているんじゃないだろうか。
まるで散歩するかのごとく。

LCCをうまく使い
服も数枚のみ
仕事はほぼ招聘されたものだけ。
だからモノは
デジタルツール以外いらない
それ以外においても
考えていることも
やることも
何世代も先を行きすぎていて
訳がわからない。

訳がわからないからこそ
今の自分には気になる。

以前なら 訳のわからないものは
そのままにしていたけれど
今は 訳のわからないものを知りたいと思う。

繰り返すが
調べたり 読んだりするほど
訳のわからない人だ。
そしてうんくささもw

けれど

ファルメンテーラ
ほかの島々
好きな場所、惹かれる場所が
自分とかぶるのも
興味がわく理由。

いつか実物に会ってみたい。

自分の枠を壊すために
訳のわからない人たちにもっと会ってみたい。