silver lining cafe

市島おりせ の日記

動物も達成感が必要

連休は心もカラダも整えて、情報からも離れることに。
ほんとうの遠出は夏にして、
近場で自然のなか散歩したりカラダを動かしたり、ぼーっとしたり、久しぶりに瞑想をちゃんと始めたりしている。

テレビも情報系以外はほんのちょっとだけ。

ほんのちょっとのテレビ時間、動物大好きなので、たまたまチューリヒの最先端動物園の番組を観ていた。

象や爬虫類も(カメレオンもヤモリもヘビもめちゃくちゃカワイイのだ)、のびのび自然に飼育されていて、自然な姿がカワイすぎてもだえるばかりw。

そこで衝撃を受けた内容があった。

「動物園の動物はエサを貰えるし外敵の心配もなく、安心安全で幸せ、
では決してなく
自分の力でエサを獲るという達成感無くしては幸せではない」
という研究データだった。

だから最先端と言われるチューリヒ動物園では、いかに動物たちが頭を使い、知恵を働かせ、エサを探し、獲るようにさせるか
そこをいちばん工夫しているとのこと。

あえて取りづらいエサカゴに入れたり
毎日違うエサ場(しかもわかりづらい)にエサを入れて探させたり
していた。

達成感が必要というのは
それが本能だからなのかもしれない。

エサを与えられるだけでは、生きている実感がないのだろう。

それは人間も同じ。

誰しもが、何かを求め
何かをしたいと望む。

それが何であるかとか
いいとか悪いとか
成功しなくてはとか

そういうこと以前に
そうしたいからそうしている
みんなそれだけなのかもしれない。

チューリヒ動物園の動物の番組での
達成感の話は
けっこう含蓄のあるものだった。

動物から人は自分の本能レベルのことを教わることもある
と思わせられた。

NHKいい番組作るね。