silver lining cafe

市島おりせ の日記

辞める覚悟③ 豊かになる覚悟

(シリーズ的に書いてしまった
「辞める覚悟」
これでいったん終わりに。)

稼ぐのが楽しくて楽しくてしょうがない!
お金稼ぐのって楽しい!
幸せだ!

そういう仕事を探し見つけるため
自分と向き合い
真剣になる。
そう決めた。

どんなに頑張っても
やりがいもないものは
辞めていく
勇気と覚悟。

これまで仕事でもプライベートでも
 ひとりで頑張って生きてきた。

震災後からは本当に頑張ってきた。
ひとりで心細くても
だれにも感謝されなくても
認められなくても
頑張った。

心労や 物理的な理由で当時、辞めていく人たちもいたなか、頑張った。
そこは、だれにも文句は言わせない。

たぶん今まで頑張ってガマンしてきたことがもうできなくなったのだ。

人生のガマンの総量を使い果たしたんだと思う。

疲れは時間差でくるので
疲れが本当の意味で出てきたのを
出し尽くし

本来の自分に戻る時期が来たのだとも思う。

余談だが
この2ヶ月で原因不明の胃炎、腸炎
それぞれ胃カメラ、大腸カメラ検査をやった。
どちらも軽度だったが
6年越しの疲れが出た感じだ。

身体は正直なのだ。

そしてこれも余談だが
募金などで助けてもらったお返しに
さまざまな募金に少ない額だが、積極的に協力するようにしている。

お金を持っている人や
富裕層ほど特に日本人は寄付と募金をしないというデータがあるようだが

知りあいだから、自分の得になる人だから、
与える、プレゼントをする(もちろん悪くない)

ビジネスに結果有利に働くからとか節税対策に、特定組織に募金や寄付という形での「投資」をするのじゃなく

(ビル アンド メリンダ とか ザッカーバーグとかの例 。
 裏側を知ると微妙な気持ちになるのだが、事実や世界の動きには敏感でいたいと思うので高城剛のごとく
そこは目をそむけずいきたい。

そして 目的は たとえ不純でも悪いわけじゃないとも今の私は思っている。批判する気は毛頭ないのだ。

だって百億も多額のお金を、しかも私財というのがいい!
じゃんじゃん出してくれるならそれでいいと思うし ありがたい。

教育をビジネスに利用するだけの人たちや
理想ばかり言って現場にメリットがないことばかりの人たちより
何も言わず
巨額の私財を出してくれる方を私は支持する。

日本人には何十億とか寄付する人いないから
彼らが日本にも十億単位で寄付してくれたら と望む。)

市井の顔も知らない誰かの
役に立つことをするような
本当の意味でお金を循環させることはやっていて
そのうえでの話でこれも書いている。

話をもどすけれど
これまでひとりで頑張ってきたのだから、

せめてお金の面ぐらいでは、
稼いで幸せになっていいんだ
という勇気と覚悟をする。

パートナーどころか
理想の相手との出会いはゼロで、
本当に誰とも会ってないが
それは完全に割り切った。

無理に妥協とかする気もまったくないから
妥協ばかり勧められるようなシステムになりがちの婚活もずいぶん前に辞めた。

理想の相手じゃないとイヤだという自分の本音を無視しない。
そうじゃないなら
いらないと決めたのだ。(理想の相手と出会ったら速攻結婚しますよ🎶)

そして自分を理想の状態にしていくことの方が先なのだ。

結婚に期待など持たないことも
勇気と覚悟を決めることだ。

結婚していても
どちらかが理想とズレたら
すぐ別れるぐらいの
結婚に期待感ゼロぐらいでいられる
何があっても自分は大丈夫だと
自分に自信がある
そういう自分を作る方が
大事なのだ。

寂しいとか感じたら
稼ぐなどの充実感で埋めていけばいいと
完全に割り切った。

人を使って埋めるんじゃなく
自分で自分を充実させて埋めるものだからだ。

充実させ自由に豊かになりたいと思う。

現職については
①で書いたが

外部に理解を求めるとかムダで
外部の人たちは
理想は言っても
現場を理解しようとか
改善しようとかする気はゼロだと
もうじゅうぶん過ぎるほど知っている。

だからもう
怒りさえ感じない、絶望さえ超えてしまった  冷め切ったのだ。
 この職業がどうとか はもういいのだ。
自分が捨て去ればいいだけだからだ 。

それより
熱くなれるものを真剣に見つけよう。

豊かになるという覚悟を決めた。
辞める覚悟は豊かになるという覚悟なのだ。