silver lining cafe

市島おりせ の日記

読書の秋

今日は完全読書の日と決め、カフェでゆっくり読もう♪という計画だったのが、カフェのはしごとなってしまいました。カフェ難民状態。

理由は音楽。

店内の音楽気になるほうなのです。

最初は、長時間いてもあまり迷惑にならないかな?と踏んで
ものすごく久しぶりにスタバへ。

久しぶりなので忘れていたのですが、スタバ、ボリュームは大きくないけれど音楽バリバリ気になる場所だったのですよ。個人的には。

これは明らかに90年代ブリットロックヒットソング集だろうな、から始まり
次々と知っている曲が、、、。歌詞も気になる。
耳でキャッチする文字に気を取られ本の文字に集中できず。しかも語学しっかりやっておこうと思い、これまた久しぶりに英文小説読んでいたからなおさら頭が英語脳になっている、、、
よけいに曲の歌詞に集中してしまうという悪循環。

歌詞がないところに移動することに。

音楽流れていてもいいから、歌詞がない曲のみ、となると意外とないことに気づきました。
単に人と話したり、ぼーっとするにはいいけれど読書に良いカフェって実はそう多くないんですよ。

で、ちょっとお値段がいいところに結局落ち着きました。ただ難点はスタバと違い、あまり長い時間だと、、というところ。


完全に音楽がないとなると図書館とかなのでしょうね。
おしゃれなカフェより 一度しか言ったことはないのだけれど、
ここいいな~と思った
ニューヨーク市立図書館のような雰囲気のある図書館で時間を気にせず じっくり本を読んでみたいと思った読書の秋でした。