silver lining cafe

市島おりせ の日記

いらないプライドをなくす方法

以外とシンプルな方法をひとつ。

「外国語を学ぶ そして 使うこと。」

これ、けっこういい方法かも と思います。

ものすごく久しぶりに 今外国語を学んでいますが

前回 フランス語、小学一年生 と書いたように
ほんとうに子ども状態。

笑えるぐらい たくさん間違えながら覚えていく。

そこにプライドとか入り込んだら上達は絶対しないですよね。

昔々 英語を小学生で始めた頃を思い出してそう思ったのです。
英語もまだまだ いっぱい間違えるけれどw
インプットしたら 臆せず 使う 話す

海外に行ったときは 
それこそ 聞き返されようが 
?と反応されようが
時にメンドくさいっていう顔されようが
そうやって ひとつずつ 覚えていく。

英語でさえ その繰り返しが未だに続いてます。

少し話が逸れますが、私の学生時代とは違い、
三十代半ばぐらいから もっと若い世代にかけては、英語が話せる人口がものすごく多く、
ネイティブレベルもかなり多いです。

(ちなみに私は残念ながらネイティブレベルではないので日々鍛錬です^^;)

そのため今は海外に行った際
日本人とわかると
(もちろん日本人だけじゃなく韓国の人 中国の人など北アジア圏の人たちの英語力が、全体的にここ十年でかなり向上している。)

「日本人?英語できるよね。」

できて ふつう 当たり前と言わんばかりに対応されることが 多く
けっこう早口でしゃべってこられる^^;

英語圏だけでなく、オランダなどユーロ圏もその傾向を感じました。

聞き返すことも私はしばしばあります。
プライドとか とっぱらうしかない状態w

必要性があるなら なおさら。
自分のできなさ加減にもどかしさを感じたりもあります。

けれど
時に こういう状態に身を置く機会を持つのもいいと思います。

いらないプライドがとっぱらわれる。

海外に行かなくとも実はこういういう機会は作れるんですよね。

外国人観光客の増加で、国内のホテルなどでさえ英語で接客されることも出てきましたし。

私の場合はフランス語を学びながら
毎回 いらないプライドを振り落としていますw

それを実感するのは

人に頼む やってもらう
できない自分を見せること  
が なんとなく加速しているから。

外国語を使うことでプライドを捨てる

これは けっこうオススメかもしれませんよ♫