silver lining cafe

市島おりせ の日記

久しぶりに香港映画の名作を観る

久しぶりに映画の話。軽いつれづれ話です。

 

昔ほどではないけれど映画好きで観るほうです。

新しいものだけではなく、

ときどき 無性に前に観た名作を観たくなる時があり。

 

そんななかで

私のベストオブベストの1つがこれ

 

インファナルアフェアズ

 f:id:skyblue555:20171122001204j:image

香港映画です。

 

名作中の名作。

 

香港闇社会と潜入捜査員の話なので、明るい内容ではありませんが

 

役者とプロットと香港という場所

すべてがパーフェクトに相互作用している作品。

 

なかでも
とにかくプロット(シナリオ)がいい。何度観ても飽きない。

ネタバレ的なことは書きませんが

ストーリーはわかっていても毎回引き込まれてしまう。

時間が交錯しているので、三部作すべて観ていくことで

多少謎解きのような部分もあり、おもしろい。

 

 

ハリウッド、日本でもリメイクされてますが

それなりに良い作品になるのは

それだけプロットがいいから。

 

そしてプロットだけじゃなく

役者がいいのですよ。

 

ハリウッドスターと香港の役者とでは

違った空気感があります。

このプロットでは香港オリジナルがベストにハマるものなんでしょう。

 

どんなにお金をかけて、かつハリウッドスターを起用してリメイクされようとも

残念ながらオリジナルは超えられなかった、、。

 

ふつうハリウッドリメイク版のほうがパワーアップしていていい出来というパターンが多い中、圧倒的にオリジナルの方がいいという稀有な作品。

 

そう考えると、やはりオリジナルのこの作品は別格です。

 

もしディカプリオのリメイク版のみしか観ていない方には

絶対的にオリジナルをオススメしておきますw

 

重みというか質感が違います。

言いかえると

映画、全体的に漂う湿度が高いんです。濃密。
何とも言えない哀愁があり、そこがハリウッドでは決して出せない魅力となっています。

 

それと

役者について補足しておきますが、

この映画公開当時の少し前からアジア映画ブームで、主演のトニーレオンなど日本でも有名になってきていました。

 

なんでしょうね

同じアジア人なのに 香港の役者って佇まいが違う。

モワッとした色気がすごい。

ここも濃密です。

日本人でこういう役者いないかもしれません。

国の差なんでしょうかね?

 

トニーレオンはそんな色気がある役者の筆頭。(しかし、これ、よく言われていることなんですが

トニーレオン 色気はスクリーン上だけで、演じてないときは超普通というw。

それって本当の意味でいい役者なんだと私は思っています^ ^)

 

日本では、この作品で彼の人気が決定打となったのを覚えています。

 

彼に続く他の役者も同じく日本の役者にはない魅力があります。

同じく本作品ダブル主役のアンディーラウも。

 

役者も佇まいや空気感も

同じアジアといっても良い意味で違いを発見できます。

それも映画の醍醐味かもしれませんね。

 

アジア映画も食わず嫌いはもったいないですよ(^ν^)

 

久しぶりに観て

やっぱりおもしろいものはおもしろい!

と納得した晩秋でした。