silver lining cafe

市島おりせ の日記

違いにどう反応するか 自分はどうしたいのか

今までは

ある国では とか  ある集団では 「ふつう」だったことが

 

どんどん 普通じゃなくなってきている感覚があります。

ネットなどのヴァーチャルなものが発達してきて

離れたところであってもコミュニケーションできたり

リアルタイムで情報を得るのが容易になったこと

 

そして

 

移動時間の短縮や、人の移動がかつてないほど活発になり

 

リアルで様々な人と直接会って話す機会が増え、

それにともない

多様な価値観に触れることが多くなったのが理由かもしれません。

 

例えば

日本にこんなに外国から

来る人 住む人 

日本企業で働く人

いなかったです。

10数年前を思い浮かべると。

 

逆に日本からも。

 

他の国においても同じことがおきている。

 

以前  読んだ ベストセラー

「フラット化する世界」

を思い出すのですが

 

世界は その当時より

フラット化 (言い方を変えると均質化であったりグローバル化)している。


「ここでは常識」「そっちでは違う」

といったことが どんどん薄まってきている。

 

その過程では

一見逆説的だけれど

 

これまで知ることはなかったような「違い」に多く直面する機会も増えてきていると思うのです。

 

国とか 集団とかだけではなく

個人レベルにおいても。

日本人どうしでもありますもんね^ ^

そのなかで 
「違い」に どう反応するか。

 

そして自分はその違いを感じたうえで

どうしたいのか?

 

例えば その違う価値観を 受けとめる

受け入れて 乗ってみることもあれば

 

そうか〜と言って  違いを知るにとどめておくのもあり。



2つ前と前回 歯の話。
次いで 公の場で人の容姿に触れることのマナー違反
について触れましたが 

これらも
「こちらとあちら 常識の違い」 が 薄れて

均質化していく世界の中で

自分はそれに対し

どう反応して
どうしたいのか


そこが だいじなんじゃないかな

と個人的には思っています。

 

自分がどうしたくて どうあれば気持ちよくいられるかは

自分で選ぶことができる。

何かを読んだり 見たり 聞いたり

人と話す中で  

今までと違う価値観に触れたときの

自分の反応 

自分の気持ち 意志

そこを まずは自分で自分を確認しようと私は思ってます。

 

(といっても

口で言うほど、リアルですぐ自分はできてる?と聞かれれば

意識して練習とするしかないな〜

と答えますw)

 

グローバル化(均質化)っていろいろ問題もはらんでいて

すべてが良いわけではもちろんないので

すべての 価値観を受け入れる必要もない。

 

人によっては大切に守りたい価値観や文化もある。

 

 

そこもふまえて

「自分は?」なのです。

 

 

とりとめがなんだかなくなっちゃいましたがw

前回の続きでした。