silver lining cafe

市島おりせ の日記

現代の「家族の肖像」

映画づいてます^ ^

 

ギャスパーウリエル 繊細な演技が好きで、

彼が主演で、まだ観ていなかった

たかが世界の終わり

を先週は観ることに。

 

いつもながら あらすじ 評価は一切見ずに

まっさらな状態で観てみました。

f:id:skyblue555:20180521190231j:image

 

余命わずかなことを告げに

12年ぶりに自宅へ帰った主人公と  その家族の人間模様が描かれてます。

 

大きな出来事が起きるわけではなく

けれど

台詞だけで緊迫感が漂う。

 

それ以上に

言葉以外のほうが多くを語っていました。

 

「家族」というものが揺れ動き

バランスが崩れていくのを必死に保とうとする

そうした脆さと
近しい存在であるがために、
逆説的なのだけれど
「家族」が本当の安らぎの場であるのか?という疑問のなげかけと

後から  じわじわくる映画でした。

 

(直後は良さがイマイチわからなかったw)

 

奇しくも69回 2年前カンヌでグランプリとってたのですね。

 

今回 是枝監督作品 パルムドール受賞といい

「家族」に焦点が当たることが

最近のカンヌ映画祭、多い気がしてます。

 

おそらく 今は 従来の家族像は揺らいでいて

いろんな形があり

それにつれ

様々な思いや とらえ方が出てきているからこそ

「家族」は大きなテーマなのでしょう。

 

「親」はもちろん

「子供」や「兄弟」のあり方も変わってきている。

 

最近見る映画はなぜかLGBTづいていて

この映画も 主人公はホモセクシャルで、それもあって家を出ている

という設定でした。

 

弟を認めきれない 弟に劣等感も感じている兄との

緊張感あるやりとりも描かれています。

 

全員が認めてくれるわけでもない。

きれいごとではない葛藤もある。

 

この映画での主題とは違いますが

 

養子や子供についても

いろいろな形があり

 

有名どころだと

デザイナーかつ映画監督のトムフォード(彼もホモセクシャル)が同性どうし結婚して養子を育てていたりする。

 

これも嫌う人は嫌悪感をあらわにする時もある。

 

子供を持つ 持たないに関しても

日本でも女優さんの発言で論争がありました。

 

でも

あらゆる生き方を認めていく方向に世界がなってきている。

そうなればなるほど、同じぐらい多様な「家族」の形が出てくるのは自然なこと。

 

多様性を認めていくほど

ある意味

より複雑になっていく時代なのかもしれません。

 

そして多様であるがゆえに

「認める 」「認めない」

無視しているようで

無視しきれなかったり

感情が動いたりと

 

「家族」は

誰しもが関心あるテーマなのだと思います。

 

そして私自信も

なんとなく

「家族」がテーマの

この映画を無意識に選んだのも理由がある気がしてます。

 

というのもこれから書くことの直前にこの映画観たのです。

私の両親は物心ついたことには離婚していて

父親の顔は覚えていない。

 そんなところに

(数ヶ月前に)亡くなって遺書確認の立会いの知らせが入り、、

(自死とかではなく、生前書いていたそう)

 

といっても

映画やテレビドラマのように

何かがあったり 事件があったり

それこそドラマは一切なく

 

穏やかに

父方の叔父と十数年ぶりにあったり

(父親とは会ってなかったのですが

叔父とは一度会う機会があった、という不思議な家族です)

いろいろ聞いたり

しみじみした感じで

でも 不思議と 重くも 悲しみもなく

 

なんとなく「家族」について 思ったりしてました。

 

いちばん近いようで

いちばん遠いような

 

映画のようなドラマはなくても

しみじみ 穏やかに 考え 思う

そんな感じも悪いものではありません。

 

必ずドラマがあるはず

というのも

なんだか違う気もしますしね。

 

穏やかに受けとめられている自分に自分で驚きながらも

なにかひとつ吹っ切れた感じでした。

 

いろいろ変わっていきますね^ ^

 

そんな一週間でした。

 

☆余談ですが

タイトル「家族の肖像」は

映画好きなら誰もが知る、ヴィスコンティの名作から引用。

 

古い映画ですが おススメ作品です♫