silver lining cafe

市島おりせ の日記

日本アニメ 国際理解にやはり貢献

今 通っているフランス語学校

インターンで22歳の学生が来てます。

 

語学学校はフランス政府系のため

大学とも連携しており

今回のインターン

大学での研究とともに研修先の1つとして

語学学校での実習も同時にしてる模様。

 

専門はフランス語教育と教授法。

 

日本語があまりに流暢なのが途中発覚し、

なぜ?きっかけは?

と尋ねたら

 

エヴァンゲリオンが好きになったのが

日本語を学ぼうと思った動機とのこと。

 

ドラゴンボールとかではなく

エヴァとは、、、。オタクか?

 

と一瞬思いましたが

そうでもなく。

 

日本のアニメを子供の頃から見ていたらしいです。

エヴァもかなり人気なんだそう。

 

私もエヴァ実は好きでリアルタイムで観てました。

 

そこから世代 国を超えてエヴァ話で盛り上がりましたw

(といってもお互い日本語 。日本語話したいようなのでね。

話が複雑になると英語で会話。

フランス語ではまだまだ話せませんw)

 

YouTubeでアニメだけでなくガンガン 他日本のドラマや映画などを観て

日本語を覚えたそう。

あとは日本人留学生と話をするなどして日本語を習得したといっていました。

 

日本語を勉強するヨーロッパ人というと

アニメオタクのイメージが強かったのですが

そこまでではなく

かなり普通の人にも浸透しているんですね。

 

宮崎駿に至っては

マジ リスペクト レベル!っぽいです。

 

何度か書いたグザヴィエドランも

作品だけでなく

同じ映画を作る監督の立場から

宮崎駿を尊敬していて

SNSで宮崎監督の発言を引用したりしてました。

 

日本アニメ

国際理解に思った以上に貢献してます^ ^

 

そしてちょっと厳しい話もされました。

 

日本人 大学生(学生一般)勉強しないね〜、、、。

との発言あり。

今教えてくれているフランス人の先生も

ICU、早稲田などに在学していたそうですが

ICUの生徒でさえ

フランスと比べると

勉強しない、、、。お金もったいない、、、。

といっています。

 

やる時は本気でやる。

フランス人 決してルーズではない。

 

日本で語られる昔のイメージでいると

ズレが多いことが判明。

いろいろ話すと

いわゆる 偏見や思い込みがなくなりました。

 

世界は日々変わっていく。

 

日本人だけでなく他の国の若い世代と話すのも

刺激になります^ ^