silver lining cafe

市島おりせ の日記

自分を冷静に「認める」こと

「主婦」のテーマ

シンクロするようにブログやツイッターで次々と

まったく関連性のない別の方たちがこのテーマで書いており、アップされてきたので

思うところを。

 

今は昔よりかなり冷静に自分のことも見れています(^ω^)

その上での切り口で、です。

 

「男女共に働くのが当たり前  」と言われるヨーロッパでもアメリカでも

実は、今も昔も富裕層は「専業主婦」が多いのが事実。

 

フランス在住の方が(彼女は普通の生活らしいです)

「フランスでも富裕層だと少なくとも40パーセントは専業主婦。

 

たとえ働いてるとしても、手軽なものを短時間やってるだけ。働いてお金を稼ぐ必要もないですから。

 

奥様たちは、エステに行ったり旅行に行ったり優雅に暮らしていますよ。」

 

と 書いていました。

 

イギリスも富裕層のほとんどは専業主婦。

ナニーがすべて子育てはしてくれる。シェフもいるしメイドもいるから家事はする必要がない。

専業主婦の奥様は家でパーソナルトレーニングをしてもらったり、エクササイズや 、やはりエステ 、旅行などを楽しんでるようです。

 

アメリカも同じく。

 

専業主婦になっている女性の多くは、もともと自分も富裕層出身。旦那さんが  ではなく自分も富裕層。(それ以外の場合は、モデルや女優、マスコミ関係など、一般人とはやはり違います)

 

そういう生活が彼女たちは子供の頃からが「ふつう」なのです。

 

現代では、富裕層出身であることが専業主婦になれる必要条件なのかもしれませんね。

 

そして、重要だと思うポイント。

彼女たちの多くは自分も富裕層出身なので良い教育も受けている。

 

家柄もいいので人脈もありますから働きたかったらいつでも働ける。

 

でも働く必要がないぐらい裕福なので専業主婦をしている。

 

時間があるなら、チャリティーなどをしてソーシャリストになる

といったところも米も欧州も共通してます。

 

 

そして日本もほぼ状況は同じ。

今ではアメリカ、ヨーロッパほどでないにしても階級が固定化されてきてるので、

もともと富裕層出身の女性が富裕層どうし結婚して専業主婦になってきている。

 

なので、彼女たちは別に主婦の地位がどうだとか そこまで深く考えている人は多くないのでは?

と思うのです。

 

富裕層出身の女性って

日本、欧米問わず今時は名門校出身で、しっかりした教育されてきており高学歴だったりします。

一度 は有名企業で働いてた人も多いです。

 

専業主婦といっても、もともと地位は高いのです。優秀な人も多いですよ。

 

これは実際自分の学生のときみてきてます。

お嬢様、でも超優秀!最高学府!でもその後主婦に、とかありましたよ。ふつうに。

お相手も同じく良い家柄の富裕層の方でした。

 

 

で、ここから本題になるかもしれませんが

富裕層出身ではない私のような場合

やはり働く必要があります。

 

ここもしっかり一度認めたほうがよいポイント。

生まれは変えられませんから^ ^

 

結婚していても していなくても富裕層出身じゃないなら日本でも、女性は働く必要がある。

 

(階級固定が崩れることなく強固で、格差が大きい欧米で「富裕層以外ならば女性が働くのが当たり前」という認識になるのは必然なのです。

日本も例外ではなく欧米と同じような状況です。

興味がある方は調べてみてください。

注:アメリカも階級の固定化は顕著ですので欧米としました。)

 

現実的なことを言うと

実際のデータで日本では子供二人、平均年収では共働きでないと赤字とのこと。

 

事実として、富裕層出身ではない 一般的な大多数の女性は、働くのが「当たり前」というか働かないとやっていけない時代なのです。

 

(「働く 」のがまずありきで考えていくことは大切と思っています。

そのためにも  生まれや家柄、もともとの経済的な環境、階級など自分の置かれた立ち位置を「認める」ことから始めることも必要。

目を背けないで現実をしっかりみてくいことです。)

 

だったら

どうせ働くなら  やりがいがあったほいがいいし

生活とのバランスも取れていたほうがいい。

働くばかりで人生を「失くす」のも 何か違う。

 

だからこその働き方を本気で考える時期なのですよね。

個人レベルでも国レベルでも。

 

男女とも働きやすい環境ってなんなのか?

ほんとうの「やりがい」ってなんなのか?

100年生きるとされる時代に「働く」意味は?方法は?

 

 

長くなるので後日続きを書こうと思います。

 

 

 

 

補足:日本は専業主婦の地位は高いですよ。

 

欧州の多くの国では、専業主婦だと年金はもらえないし、日本のように扶養者控除などで家計が恩恵を受ける制度もない。

 

それに加え、過去に専業主婦も結構いた時代の話。

夫がいない時に、日本のように主婦が友達とランチ♫とか出歩いたり、お金を使ったりは一切できなかったとのこと。

つまり家から一歩も出れない状態が一般家庭の専業主婦。

 

富裕層の主婦は今と同じで もっと自由だったから一般人と一緒にできないです。

 

そういう背景も、富裕層でもない限り女性が働く要因になっているとのこと。

 

日本は専業主婦にとっていい国なのですよ^o^