silver lining cafe

市島おりせ の日記

大学は行くべき?

書こうと思ったことと変更して 必要と思ったテーマについて今日は書きます。

 

それは「学歴」。

今リアルタイムで  かなりバズってるので 超真面目に書いておきます。

 

若い世代 もしくは その保護者の方に、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

今 炎上中  の  詳細なテーマは

「大学行くよりネットサロンの方が学べる」というもの。

 

私個人でいうと

この発言は ホリエモン 他 知能も実行力もハンパない人に限る。

 

しかも実際 はホリエモン 東大。他炎上中の方  早稲田と慶応出身 です。よく調べてね。

 

おそらく自分が受けてきたアドバンテージに無自覚。

学歴フィルター無縁だと気づかないこと多いですよ。

 

さて本題に。

 

今本当にやりたいことが明確で、しかもそれが手に職系の 職人的なものなら大学は行く必要はないかもしれません。

 

また、ホリエモン級の能力と実行力を兼ね備えた人も同じ。

 

それ以外の大多数「普通の人」には大学に行くことを勧めます。

 

理由は重要な点から順にいきます。

 

その1

人口減で、マーケットが縮んでいる日本以外で働く選択肢が今後増えて行くと見込まれる

または海外企業に雇われる人が多くなる未来

 

せめて学卒でないと就労visaがおりなかったり

職が選べない。

自営でも同じです。(世界的なアーティストや特化した技能職は別)

 

これは現時点での事実です。

 

そして日本以外の先進国は 日本以上に学歴重視社会です。

 

実力?にみえても

今やシリコンヴァレーでさえ名門校出身者ばかり。

 

ドロップアウトさえしましたがスティーブ・ジョブズも大学行ってましたよね。

 

他創業者に関しては顕著。

 

べゾフしかり(プリンストン)、ザッカーバーグしかり(ハーバード)

 

言わずもがなです。

 

 

 

その2

日本は今だとまだ入試で点数が取れるだけで名門校に入れる。

 

これ普通と思ったら世界的には違います!!!

 

欧米だと点数だけでは入学できません!

 

ボランティア、スポーツ、人種、親の出身校、寄付金など 複雑に絡み合って 点数だけ優秀でも入学試験で弾かれることもあるのです。

 

日本は点数さえ取れば平等。

といっても ここ数年での入試改革で 経済格差が助長される制度になってきてます、、、。

 

今の十代後半は平等入試の最後のチャンスがあるので頑張って!

 

ちなみに 海外の人から言われた厳しい発言が先ほどシェアされてきました、、、。

 

「日本は今人口減っていて競争も少ないんだからせめて東大に入りなよ。

それぐらい勉強しないでこの先 他国と張り合えないでしょ?」

 

正直私もある側面では 日本人 ゆるすぎと思って危機感を感じてます。

 

(じゃあFランしか入れない自分はどうする?

と行った問いに メイロマさんが答えてました。

「まず学卒の資格はとる。その後職人的な資格取る。左官とか大工とか配管とか。そうするとその分野では管理職になれる」。

 

ホリエモンではない「普通の人」は   こうして頭使った方がいいと私も思います。)

 

 

その3

 

学問以上に人脈。

 

半径数メートルでは出会えなかった人たちと大学では出会える。階級が入り乱れる。

 

特に名門校だと、超ド級の家柄出身の人たちと話す機会が多い。

(私は名門校出身ではないですが、少しばかり話す機会が持てました。世界が広がります。

日本のオールドマネーと交流できるチャンス実際大学時代はあると思います。)

 

しかもまだガードが緩いので色々教えてくれたり、参考になる。

 

名門のお嬢様 お坊ちゃま が甘やかされてきてると思ったら大違い!ってこともよくわかりました。

(家を背負うってことの重みとかもあるのですよね。

 

マスコミが見せるものは 成金に近いものばかりというのもよくわかってよかったです。)

 

これ

おそらく日本より海外の大学の方が顕著と聞きます。

 

コネ作りのためにできるだけ名門校に入る。

アメリカや欧州だと、学問以上に重視されてるようです。(コネと書くと違った意味にとる人いるかも、、ですが  

友人や先輩など横縦の良き健全なつながりのことです。学生時代って利害関係なしで交友が深められる大切な時期です。)

 

 

以上3点書きました。

 

勉強すればチャンスがある。

 

しかも成績がよければ入学金タダだったりする。

 

英語ができて優秀だと海外の大学という選択肢も。

優秀な学生なら私は日本の大学よりこちらを勧めます。

 

寮などの生活費もただのところもあるから。

 

国内外の例も出しておきます。

 

 

☆   日本の国立大学 学費援助無料申請あり。院でもあり。

ニューヨーク大学医学部 日本円1650万以下の世帯収入だと全て無料。

アメリカ名門校で同じく所得1000万以下家庭だと授業料無料制度あり。

ドイツ 英語で授業 の大学あり。授業料無料申請あり。

 

他 勉強するほどお金かからない。

 

これを無理ととるかチャンスととるか。

分かれ目です。

 

私自身 もっと勉強してればと今も後悔するところあります、、、。

 

今からの人たち  諦めず 学んでほしいです。

階級を飛び越えるほどのステップアップチャンスは大学入試が一番大きいのです!

 

そして 「ネットサロン入れば大学なんて」

といった言葉に騙されないで!

 

近くの大人や 仕事をしてる人

いない場合はそれこそネットでいいから 実際地に足をつけて働いている人を探して調べてください。

 

有名人だから正しいわけじゃない。

派手に活躍して見えるから参考になるわけじゃない。

 

かなり危ない情報が飛び交っていたので書いてみました。