silver lining cafe

市島おりせ の日記

子供の気持ちで

私のフランス語は 今のところおそらく 3歳児レベルw。

 

ということで リサとガスパール本 語学学校から借りて読んでいるところです。

 

ガスパールとリサが日本に行く🇯🇵日本編。

おもしろい^ ^

f:id:skyblue555:20181110213134j:image

 

ちなみにお箸は バケット。パンのバケットと同じです。パンだけでなく細長いもののことをバケットと言うと教わりました。

 

 

これは有名なw日本のトイレあるある。f:id:skyblue555:20181110213439j:image

 

 

子供のように言葉を覚えるのは楽しいものです♫

 

なんだかホームステイで勉強とか したくなってきました。

 

夏に旅した時も

立派なホテルも良いけれど家族経営のホテルがすごく良かったのです。

 

 何十年もそこで働いている従業員がシトロエンで迎えに来てくれたり

大学から夏休みで戻って来ている息子さんが ホテルのお手伝いをしていたり

 

家族のようなおもてなしをしていただきました^ ^

 

フランス語を勉強している人を、オーナーが宿泊者の条件にリクエストしているホテルもあるらしいです。

(そういうところはビジネスのため じゃなく 自分の楽しみのためやっている 余裕のある方が多いのでオーナー 宿泊者ともに良い経験になるそう)

 

いろいろ調べてみるとともに 勉強もせねば です。

 

それと今 

昔、学生時代 初めて訪れたパリを訪れたときを思い出してます。

 

上を見るとキレイな建物がヽ(^o^)

下を見るとmerde! ∑(゚Д゚) (犬の落し物 人の時もある らしいです、、、。)

 

マレなどのファッションエリアも 豪華エリアも下町も学生街も  猫のオシッコのような臭い漂う地下鉄も

ジプシーやスリも含め いろいろ見たせいか

 

日本のマスコミが伝えるキラキラ パリと

リアルなパリのギャップを知り

 

また その前から

 高校時代フランス住みだったという友人から

生活の場としてのフランス事情を聞いていたこともあり

もともと 憧れというものがなかったのに

実際行ったら さらになくなったw(もちろん素晴らしい文化や歴史には敬意を払うところは大いにあります)

 

ここでの「憧れがない」

というのはもちろんいい意味でなのです。

 

観光客仕様のキラキラなフランスより

実は人情味あふれるディープでリアルなwフランス人とフランスが知りたいと   その時思った記憶があるのです。

(道に迷った時 フランスの地元大学生たちに助けてもらったり 

下町のおじさんも いい意味でディープだったり

といった経験からそう思いましたよ)

 

実際 話すとフランス人といっても土地によって違うし 個性もいろいろ。

 

せっかく言葉も 学ぶなら そうした  真の「味のあるおもしろさ」も 知りたいと思います。

 

それと語学でもなんでもいいので

子供のように 学んで吸収する

大人もそんな時間がもてると豊かかもしれませんね♫