silver lining cafe

市島おりせ の日記

歴史観

日本では  ほぼ報道されてませんが 11月11日は第一次大戦停戦記念日

英国だとrememberance day。

 

今年は1918年から100年ということで大々的に式典が行われたようです。

 

イギリスでは女王様始め王室全員参加の式典。

f:id:skyblue555:20181111214200p:image

 

フランスでは 独仏首脳が集い、式典が行われていました。

 

f:id:skyblue555:20181111214334p:image

今まではそんなに気にしたことのないニュースだったのですが

今回 100年ということでBBCなどで大きく報道しているので注目せざるを得ない感じに。

 

当時兵士であった若者の実話などが伝えられたり

イギリスだと町中が赤いポピーに 彩られたり。(ポピーがこの記念日の象徴)

 

勝手な憶測なのですが  ヨーロッパ人にとって おそらく11月11日は 日本人にとっての8月15日と同じ感覚なのかもしれません。

 

「あの悲劇をくりかえさないように」

という思いが伝わるニュースや写真が多々上がってきてます。

 

そして 当時のようなナショナリズム(国粋主義的な)動きが出てきていることへの懸念を マクロン大統領は 述べてました。

 

 

「歴史は繰り返す 」とも言いますが そうならないことを願います。

 

実は この11月11日について

 

先月、フランス時事テストという お遊びのテストが語学学校でありました。そのなかの歴史項目で、この11月11日 問題に出てたのです。

 

日本人にはあまりなじみがないこの記念日。

当時 大戦に加わった欧州の国では重要な日にされていること

その国の国民なら みんな知ってる日であること

 

歴史的なことも含めていろいろ教えられたので

 

伝えられてくるニュースの意味が以前より理解できている気がしてます。

 

日本で教えられる歴史には偏りがあり

欧州でも 米でも 近隣アジアの国でも歴史を教えられる時偏りはみんなあります。

 

だから、欧州 米国 アジア それぞれ異なる歴史観がある。

でも 「過去の過ちを繰り返さない」という想いはみんな同じ。

 

ただ  お互い「知らない」ことがまだまだ多いのではないのかな?

と今回思いました。

 

私も赤いポピーのこと  11月11日がこんなに欧州人に重みがあることなど つい最近まで知らなかったですから。

 

ここ数日のニュースで防弾少年団の原爆Tシャツ問題もありました。

 

彼らも「知らない 」故のことだったのでは?

 

歴史を学ぶことの意味は 「過去を糾弾する」ためではなく

「過去から学び 次に生かす」ため。

「知る」ため。

 

私自身  今回を機に 歴史の学び直しをしたいと思いました^ ^