silver lining cafe

市島おりせ の日記

体質改善と食べ物

 

今月から体質改善のため、食生活を じょじょに変えていっています。

 

まずアルコールは完全にやめてます。

最近多くても週一ぐらいでしたが、それでもジムに通う回数を増やすとアルコールの影響感じるのですよ。体が動きにくくなる。

ならやめておこうという単純な理由。

 

もう一つは 揚げ物は、もともとよっぽどでないと食べませんが、炒め物やパンも最小限に。

甘いものもハチミツだけに シフトしていってます。焼き菓子系は完全ストップ。

これは 糖化防止を ゆるくやるため。

 

ムリはせず ゆるゆるっとやっています^ ^

 

一週間ぐらいでも効果は感じていて 体が動きやすくなるのと頭がスッキリする。

 

しばらく続けてみます♫

 

 

ちなみに私は卵も魚もお肉も食べます!^o^

しっかり知識があったうえでないと 不健康になることもわかっているので、ベジタリアンヴィーガンではないです。

 

 

最近遅ればせながら,フレキシタリアン(植物ベースにはするけれど時に柔軟に卵も乳製品も魚肉も食べる)という語をBBCの英語プログラムでテーマになっていたことから知りました。

 

私はそういう感じでしょうか?

 

 

 せっかくなのでヴィーガンについても調べてみました。特に欧米共に本格的にブームになっているようです。

ヴィーガンは食事の知識が本当に大切。
ビタミン12不足になってしまうのが問題点としてもあげられています。

なので必要量をしっかり把握してサプリで摂るか ビタミン12の注射を月1打つなど 対策を ヴィーガンの人たちは きちんとしてるようです。

 

なおヴィーガンは 流行りのダイエット(痩せる意味ではなく 元々の単語の意味 食事)

ではなく 地球環境のためという倫理的な理由が大きい。
以前書いたジャレッドレトを始め、レオナルドディカプリオ、ナタリーポートマンなどを代表としてヴィーガンが続々増えている理由はそのため。

 

 

 

数年前のドキュメンタリーcowspiracy

これが大きな発端のひとつ。

 

日本語字幕版探せず英語ですが わかりやすい解説の部分もあります。

食と環境について確かに考えさせられます。

 

COWSPIRACY: The Sustainability Secet - EN

 

環境という面からは 私の場合 フードロス(食べ物の無駄)をなくすことと 必要以上に食べないことぐらいはやろうかな と思います。

 

食べ物については もっと考察していきます。