silver lining cafe

市島おりせ の日記

男女とも美容の時代 その2

「コンプレックスは無い方がいい」

 

これは真実だと思ってます。

無邪気で屈託がない、卑屈にならず物おじしないで生きることができるから。

 

だから 生まれつき超外見美しい人ほど性格いいです。これは認めざるをえない事実なんだなあ〜。

(同じ理由で、生まれ持って別格に豊かな家族に生まれた、一生働くてもいい人たちも無邪気で素直で性格いいです。

 

超絶 お嬢様 おぼっちゃまで拗ねてる人性格悪い人 私は見たことない。

 

コンプレックスない方がいいのと同じで、苦労はしないで済むならしない方がいいです。

 

話逸れますがドラゴン桜の名ゼリフ

「バカとブスは東大に行け!(日本では)勉強は唯一の平等だ!」は本当にためになるアドバイスだと思ってます。

外見や経済状態が劣ってる、または人並みな場合は 勉強でステップアップして自分の武器を身につける必要があります。)

 

 

話戻して

コンプレックスをバネに!という説もありますが、私は

「コンプレックスで卑屈になるぐらいだったら解消する。それができない時は潔く諦めるて別の手段をとる」

というスタンス。

 

昔は違ったので、もし今の自分にアドバイスするなら

「若いうちにどんどんコンプレックスは解消していけ!やれることなんでもやれ!」

と言いたい。

 

容姿だってそうです。

解消できるものはやっていったらいい。

 

だから日本のみならず、韓国の美男美女も否定しないし

チャイボーグと言われる人たちも否定しません。

 

表立っていう人は多くありませんが現代社会は男女とも容姿が重視される世界。

(断っておきますが ただ綺麗、イケメンがいい

と言っているのではなく 「自分がどう見られたいか」 が 自分の意思通りになってるかどうかが人生に大きく影響するっていう意味で言っています)

 

先日Twitterでシェアし、自分でも書いた内容。

✳︎画像なので一部

 

f:id:skyblue555:20210510200020j:image

f:id:skyblue555:20210510200023j:image

 

これはLGBTのことだけじゃなく そして世界中で当てはまると思ってます。

よく

アメリカは、海外は外見関係ない「と主張する人いますが

それ ウソですよ。

日本以上に外見重要です。もちろん男性もです。

ただ日本のように言葉で表立って言わないだけです。

だから逆に怖いんですよ。

外見から生活レベル 社会的地位 嗜好 バッググラウンドなど 多くのことを無言で読み取る。

 

なので私は外見も重視する派。

 

外見がまず第一関門。 その後で内面をやっと見てもらえる

これまで 自分自信の体験、他者の体験でも数多く見てきてます。

 

そして外見に内面が出るというのも本当。

卑屈になれば卑屈な外見になっていってしまう。

 

だから物理的な力で容姿を変えて自信を持ってもいいし、

メンタルを鍛えて表情を変えるのもいい。

 

ただ

メンタル変えただけで表情確かに変わるんですが

外側を変えると想像以上メンタルにも影響があるのは本当で、

外見変えた方が手っ取り早く内面も変われることができるパターンの方が多いと思ってます。

 

外見と内面 両方手を抜かず行きたいですね。

 

☆今回の記事は「ちょっと生々しい?」

と思い 少しばかり下書きして寝かしていたものだったのですが、自分に言い訳せず やれるものはなんでもやって努力してみろ!

という自分への喝の意味を込めてアップしてみました。

 

あらためて書いておきますが、私は決して容姿に恵まれてるとは言えません。

でも外見ガチャなら そこからどう自分で変えるかが大事。

 

身につけるものを変えたり 身だしなみ気をつけたり 表情変えたり メイクでも美容医療でもなんでも 現代はやれること多いですよね。

嘆いて卑屈になるより だったら それこそ「どうしたらいいか?」

だと思ってます。

 

それと 「外見が マイナスの出来事全ての原因」としてはいけない と心に留めておくことも大事。メンタルやられて本末転倒になっちゃうから。

 

まずは脱 卑屈!です♫